2017年07月06日(木) 更新

ビジネスメールで使える依頼のフレーズと例文

ビジネスメールはよく使うフレーズを用意しておくと良い

仕事をする中で、ビジネスメールを作成する機会は多いでしょう。その際に、効率よくビジネスメールを作成するコツとして、よく使うフレーズや常套句を覚えておくと良いです。依頼の意味を表す言葉にはいくつかあり、毎回同じ表現ではなく、言い換えてみると表現の幅が広がるでしょう。例えば、「教えていただけないでしょうか」は「~の件(意味など)を教えていただけないでしょうか」などと、よく使うフレーズとして用意しておくとビジネスメール作成が楽になります。

依頼のビジネスメールは挨拶と感謝から書く

仕事をしていく中で、どうしても頼みにくいこと・要求しづらいことを依頼するビジネスメールを作ることもあるでしょう。その際に、いきなり依頼の文を書いてしまってはいけません。始まりは必ず、挨拶と感謝から書いていきましょう。それからやり直しを依頼します。その時に強めに言うのではなく、下手に不快に思われない文章で依頼しましょう。

ビジネスメール例文【依頼】

依頼を通しやすくするにはどうしたらいいでしょうか。特に重要なのは、こちら側のお願いする姿勢です。依頼のメールでは「していただけないでしょうか?」と問いかけ型のフレーズを利用することで、印象も和らぎ、依頼されている抵抗感を軽減させてくれます。

例文

  • ○○部
  • △△さん
  • お疲れ様です。
  • ○○部の△△です。
  • 先日は新しいシステムの開発ありがとうございました。
  • 非常に使いやすく、こちらの方では
  • 作業効率が上がったという声があがっています。
  • しかし、××の部分においては
  • 更新されないバグが発生しているようです。
  • こちらを午後1時までに修正していただけないでしょうか。
  • お忙しいところ大変恐縮ですが、
  • 何卒宜しくお願い致します。

依頼のビジネスメールは挨拶と感謝から書き始めて例文を参考に作ってみよう

ここまで、依頼のビジネスメールのよく使うフレーズや、例文を紹介してきましたが、いかがでしたか。失礼のないように依頼するのは頭を使いますが、常に下からお願いをして、感謝もあわせた依頼のビジネスメールであれば大丈夫です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム