2016年11月29日(火) 更新

ビジネス英語で「確かに受け取りました」と書くコツ&例文

「確かに受け取りました」と英語で書くコツは?

「確かに受け取りました」「受領しました」のビジネスメールを英語で書く方法は至って単純です。まずは「受領しました」の英語表現を複数覚えます。

次に「確かに受け取りました」「受領しました」というメールの典型的なフォーマットに応じて書くだけです。ここでは「受領しました」の受領確認の連絡英文をいくつか見ていきましょう!

「I have received…」 と 「Thank you for…」を使う

英語のビジネスメールで「確かに受け取りました」「受領しました」と、受領確認の連絡をする際は基本的に2つの方法があります。メールや資料を受け取った時は、直接的に「I have received…」と表現します。間接的に「Thank you for…」でもよいでしょう。「Thank you for…」の例文に関しては次の通りです。

・迅速な対応ありがとうございました(間接的に受け取ったことを意味している)
Thank you for your quick response.

「I have received…」の例文

「I have received…」の例文は下記の通りです。

メールを確かに受け取りました。
I received your email.

ご送付いただいた資料については、本日確かに受け取りました。
Today, I received the reference you sent.

商品を確かに受け取りました。
I reveived the product of my request.

注文を受領しました。
I received your order.

無事に受け取りました。
I have received it without any problem.

以上「I have received…」の例文を見てきました。今度は英語のビジネスメールにおける、「確かに受け取りました」「受領しました」という受領確認の連絡について見ていきましょう。

「確かに受け取りました」のビジネスメールを英語で書いた例文

ここまで「確かに受け取りました」「受領しました」の英文表現を見てきました。ここでは英語のビジネスメールで「確かに受け取りました」「受領しました」と受領確認の連絡をする際のフォーマット、構成について見ていきましょう。

受領確認の連絡の基本的な構成を日本語で説明した後で、実際の英語を例文で紹介します。ぜひ、参考にしてください。

英語のビジネスメールにおける受領確認の連絡フォーマット

英語のビジネスメールにおける受領確認の連絡フォーマットは、下記の通りです(このフォーマットは回答の一つでしかないので、これ以外は間違っているというわけでは全くありません)。

①顧客の名前
②注文のお礼
③注文を受け取った旨
④注文内容詳細
⑤もう一度お礼の一文で締める
⑥自分(会社の)の名前

それでは「確かに受け取りました」「受領しました」と告げる英語のビジネスメールを実際に見てみましょう。

英語のビジネスメールにおける「確かに受け取りました」の例文

Dear Mr. Johnson,

We have successfully received your order #032535 today.
We are pleased to inform you that we will be able to send the package by the end of this week.
Please feel free to contact us at 03-XXXX-XXX if you have any questions.

Best regards,

Emily
ABC Company

(ジョンソン様、
本日確かにオーダー#032535を受領しました。来週末には発送できることを喜んでお知らせいたします。何かご不明点等ありましたら03-XXXX-XXXまでお気軽にお申し付け下さいませ。 エミリー)

「確かに受け取りました」のビジネスメールは英語で「I have received…」

「確かに受け取りました」「受領しました」のビジネスメールを英語で書くコツと例文を紹介しました。英語のビジネスメールで「確かに受け取りました」「受領しました」を伝える際のコツは、ご理解頂けたのではないかと思います。

「確かに受け取りました」「受領しました」のビジネスメールを英語で書く際のポイントは「I have received…」です。フォーマットを覚えて、ビジネスメールで受領確認の連絡をする際に活用しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム