2017年07月07日(金) 更新

季節の挨拶をするための英文メールの例文

英文のビジネスメールで季節の挨拶をするには

海外企業と関わりのある企業ならば、英文のビジネスメールを送ることもあると思われます。英文で季節の挨拶をする場合、どのような文章がいいのでしょうか。ここでは、ビジネスメールにおける英文の季節の挨拶についてみていきます。季節の挨拶を取り入れて、回外企業との距離をぐっと縮めましょう。

季節の挨拶【春・夏】

季節の挨拶【春・夏】

  • ・It feels like spring is in the air.(春の気配が感じられるようです)
  • ・It was hot today. How about your area?(今日は暑かったですね。そちらはどうですか?)

季節の挨拶【秋・冬】

季節の挨拶【秋・冬】

  • ・It feels like autumn is in the air.(秋の気配が感じられます)
  • ・It is bitterly cold here. (とても寒さが厳しいです)

英文のビジネスメールには季節の挨拶を取り入れて会話のきっかけにしよう

いかがでしたか。英文メールの季節の挨拶についてご紹介しました。海外企業や支店とのメールのやり取りに、ぜひ季節の挨拶を取り入れてみましょう。特に季節の差が激しい国とのメールにおいては、こちらの状況を伝えられる手段となり、会話のきっかけにもなると思われます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム