2018年01月09日(火) 更新

将来のビジョンとは?意味とキャリアにおける考え方

将来のビジョンとは今後の自分をイメージするという意味

将来のビジョンとは自分が将来どうなっていたいのかを明確にイメージするという意味を持っています。別の表現をすると明確に自分の将来像をイメージできているかという意味です。将来のビジョンを持っているというのは自分が目指す方向性が決まっているということでもあり、自分の行動指針を持っているという意味なのです。自分の人生で将来のビジョンを持つというのはぶれない軸を持っているということでもあるでしょう。

将来のビジョンを持つことは人生を充実させるためにも大事

将来のビジョンの意味を理解できたところで、将来のビジョンを持つのがいかに重要なのかをご紹介します。将来のビジョンを持っていると毎日少しずつでも将来のビジョンを実現するための行動ができるようになります。もしも将来のビジョンを持っていなければ毎日流されるだけの生活となってしまうため、一日が何となく過ぎてしまう生活が繰り返されるのです。自分の人生を充実させるためにも、将来のビジョンを持つのは極めて重要な意味を持っているのです。

キャリアにおける将来のビジョンは重要な意味を持つ

将来のビジョンを持つと、必然的にキャリアにも影響してきます。将来のビジョンは当然ながら仕事に限ったことだけではなく、家庭、趣味、交友関係など多岐に渡りますが、キャリアにおける将来のビジョンが思い描けていなければ、他の将来のビジョンを実現する可能性が低くなってしまうのです。それだけ、自分の仕事における将来のビジョンを描くのは重要な意味をもっています。

キャリアの延長線上で将来のビジョンが実現できるか考える

自分のキャリアにおいて将来のビジョンを持っていれば、毎日が目標を達成するための積み重ねとなります。一日の歩みは遅くとも、毎日実践すれば将来のビジョンへと少しずつ近づいていけるのです。こうしたキャリアの積み重ねの延長線上で、将来のビジョンを達成できるような状態になっているのが理想といえます。このように、自分のキャリアの延長戦上に将来のビジョンを持つ意味を、きちんと理解するのも重要です。

将来のビジョンがなければ無駄な時間を使ってしまう

将来のビジョンの意味とキャリアにおける考え方を理解できると、毎日無駄なことに時間を使わなくてすむようになります。自分の将来のビジョンやキャリアに関係のないネットサーフィンや、テレビで無駄な時間を過ごさなくなるのです。こうした無駄に使っていた時間を、すべて自分の将来のビジョンを実現することに投資できるようになるため、時間を有効活用できるようになるのです。

自分のキャリアへの投資ができるようになる

自分の仕事についても、将来のビジョンを持っていると実現のためにどれくらいの時間を必要とするのかがわかるようになります。何事も将来のビジョンを達成しようと思えば、相応の時間が必要になります。キャリアにおいても将来のビジョンを描けたなら、あとは自分の時間をいかに投資できるかが大切な意味を持つのです。キャリアの将来のビジョンを実現するために必要な時間を割り出し、時間の投資をすることが重要でしょう。

将来のビジョンを持つ意味を理解しキャリアへとリンクさせると人生が充実する

将来のビジョンを持つ意味について紹介しました。これまでご紹介してきたように、自分の将来のビジョンを持つのは自分の人生を充実させるためにも非常に重要な意味を持ちます。さらに将来のビジョンを実現させるためには、自分のキャリアを将来のビジョンへとリンクさせことも重要です。将来のビジョンを持つ意味を理解して、無駄な時間を減らし自分に投資しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム