2017年07月07日(金) 更新

忙しそうな人に上手に話しかけるコツとタイミング

忙しそうな人に話しかけるタイミングとは

相手が忙しそうにしている時は、迷惑を掛けないように話し掛けるタイミングが重要です。会社で働く人は、様々な手段を使って上手に忙しそうな上司とのコミュニケーションをはかっています。それでは、忙しそうな上司に話しかけるコツとタイミングを見ていきましょう。

忙しい上司に話し掛ける方法

どうしても上司が忙しそうで、なかなか話し掛けられない。そういったときは、以下のような方法を試してみてください。

忙しい上司への話し掛け方

  • ●チャットで「今お時間よろしいですか」と尋ねる
  • ●ポストイットで伝える
  • ●誰とも話していないときに声をかける
  • ●1分だけいいですか、と尋ねる

忙しそうな相手の様子を伺ってから話し掛ける

忙しそうな上司に用件があって話し掛けるときは、「今、話しかけて大丈夫だろうか」と相手の様子を伺うくらいのケアはしておきましょう。話しかけるタイミングは、仕事においても大切なマナーなのです。

話し掛ける前に質問事項をまとめておく

忙しそうな相手に話し掛ける際に質問したいことは、その都度聞くのではなく、ある程度まとめた方がいいでしょう。「教えて頂きたいのですが、今よろしいですか」という出だしで聞くことが大切です。そうすれば、先輩も「もうちょっと後でもいい?」と伝える事ができます。

忙しそうな人が発している話しかけられたくないオーラ

自分では意識していなくても、周りには敏感に感じ取られる話し掛けられたくないオーラ。忙しそうで、かつこのオーラをを発している人には話し掛けるのが怖くなってしまいます。

集中している時に話し掛けない

重要な仕事に集中してして取り組んでいる時に話し掛けられると、せっかく頭の中でまとまり掛けた内容も途切れてしまい、一から考え直さなくてはならなくなります。上の空で後にしてと冷たく言われてしまう場合もあるでしょう。

実は話しかけてほしいと思っている場合もある

人は、「話しかけづらい」オーラや雰囲気を感じているようです。本当は話し掛けてほしいのに、「自分は、話し掛けづらいと思われているかも」と思うのは、知らず知らずのうちに「話し掛けづらい」オーラの行動をしているのかもしれません。

ちょっとした瞬間を狙って話しかける

忙しそうな相手に話し掛ける時には、お手洗いやちょっとした用事で、席を外そうとしたときを狙います。「歩きながらでも、お話しさせてください」と言えば、たとえ「NO」でも、急ぎの用件があることを伝えられるでしょう。

忙しそうな人に話しかけるコツとは

毎日神経が削り取られていく思いをしながら、上手に話しかけようと日々努力している方も多くいらっしゃると思います。コツさえつかめば、自分なりの話しかけ方を見つけることが出来ます。

隙を見せないならあえて多少強引にいってみる

忙しそうにしている時には、ある程度(5分以上)時間がかかる前提で、まずは強引に話しかけ、「何々の件で15分ほど話しがあるんですが、手が空いた時に声をかけて下さい」とお願いして、相手に任せるのが1番だと思います。ほんの30秒ほど話したいという場合は、自分にとっての重要度、相手にとっての重要度などいろいろとあるのでなんとも言えないですが、基本的には忙しそうなら一切隙を見せないと思いますので、ある程度強引さも必要かと思います。

事後の報告ではなく早いタイミングで「相談」を

報告タイミングが延び延びになって、やっと報告する勇気が出た時には事態がどうしようもなくなっていたという経験ある人も多いのではないでしょうか?忙しそうだったからと、帰り際や週末の遅い時間に報告してさっと帰る、言い逃げをする人もいます。悪いニュースほど、事後の「報告」ではなく、対応策を講じる余地が残されている早いタイミングで「相談」しましょう。

相手が忙しそうにしている時は様子を伺って話しかけるタイミングをはかろう

忙しそうにしている時に話しかけるのは勇気もいりますし、タイミングも重要だという事を説明してきました。皆さんも、忙しそうにしていると感じたら、話しかけるタイミングには充分に注意しましょう。そして、重い報告であるならば忙しそうでも早いタイミングで「相談」しておけば、事態の悪化を避けられます。忙しそうな人に話しかける方法は、社会のありとあらゆる場面で役に立ちますので、これらを活用していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム