2017年06月28日(水) 更新

賃貸仲介営業の面接対策でのポイントと質問例

不動産業界と聞いて思い浮かぶ企業に「三菱地所」や「エイブル」などが挙げられる

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「不動産業界と聞いて思い浮かぶ企業を1~3つ挙げてください。」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • ソニー不動産
  • 三井不動産
  • エイブル
  • 三菱地所
  • レオパレス

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年2月24日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「不動産業界と聞いて思い浮かぶ企業を1~3つ挙げてください。」

就活生からいただいた回答を見てみると、三菱地所や三井不動産など、大規模ビルやマンションを手掛けるような企業の名前が挙がったほか、エイブルやレオパレスといった、賃貸住宅向けの不動産を取り扱う企業など幅広い分野の不動産会社がピックアップされました。そんな不動産業界の代表的な業務のひとつである賃貸仲介営業では、どんな人材がまず求められているのでしょうか。

賃貸仲介営業で求められている人材とは

面接では何がアピールできるのか、どんな方法ですればいいのか、シュミレーションしておくと面接で、つまずく事も少なくなると思いますので、まず、どんな人材が求められているのかを把握しておくと、内定にも近づきます。そこに関してみていきましょう。

賃貸仲介営業でその他、印象がよくなるポイント

賃貸仲介営業でその他、印象がよくなるポイント

  • 不動産鑑定士の資格を持っている
  • 大手不動産会社の管理職・センター長クラス経験した経歴
  • 宅建契約業務数が年以上の経験
  • 営業職で成績トップクラスの実績
  • PCとWeb制作のスペシャリストで、Webデザイナー養成講座・MOT資格を持っている
  • Webマーケティングのスペシャリスト
  • 外国語(英語・中国語)が喋れる&外国語での営業経験と実績

面接の時に気をつけたポイント

志望動機や自己PRは、具体的に答えるのは基本

具体的な事例を盛り込み回答すると効果は抜群ですので、ぜひとも意識していきましょう。
転職で、面接を受ける人は部門業績や評価は数値を併用して実例を述べることで、具体的な回答になり、その発言に対して信憑性が増しますし、また、就活生は自分の体験談(部活やサークルなど)を通して、動機やPRしたいところを話しことで、グッとリアリティが出てきます。

そういった部分は、多いに評価されるのでアピールできるところでは、意識しながら伝えましょう。

面接では受け身ではなく、積極的にアピールしよう

自分の長所や熱意などを積極的にというところがポイントですが、当然やりすぎには注意してください。また、わかりやすくアピールすることも忘れてはけません。質問されたことに対して当たり障りなく答えるだけの受け身の姿勢では、面接には受かりません。

自分の時間では、接客的に良いところをアピールしていきましょう。

最後に面接でされるであろう質問例

では、最後に実際に質問される可能性の高い、重要な質問に関して紹介しますので、確認しておきましょう。

不動産業界の面接で聞かれやすい質問

  • 宅建を受けたのはどうしてですか
  • 不動産のどんなところに興味がありますか
  • 数千万円、数億円のマンションなどを求めるお客様が、どうすれば何億円もの買い物をしてくれると思いますか
  • なぜ、わが社を受けようと思ったのですか
  • 今回なぜ転職しようと思ったのですか

上記の質問に対してしっかりと答えられる人はどれだけいましたでしょうか。上記の質問は、不動産業界を目指す人にとってとても重要な質問になります。少しでも考えてしまう人は、事前に回答をしっかり準備しておきましょう。

賃貸仲介営業の面接対策でのポイントと質問例を知って自己アピールしよう

本ページでは、賃貸仲介営業の面接対策でのポイントと質問例に関して紹介しました。内定により近づくためには、面接の事前準備はとても大切です、必ず準備万端の状態にしておいてください。ぶっつけ本番で上手くいく人は、そうそういませんし、他の人もしっかり準備しています。それだけ、採用において面接は大事だということを把握しておいてください。
また、当日のミスを減らす対策にもなりますので、しっかり確認しておきましょう。

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム