2016年11月25日(金) 更新

手土産を渡す時のタイミングと適切な言葉

手土産を渡す時のタイミングは?

手土産を渡す時の言葉よりまずタイミングですが、商談の前がいいという意見も、後がいいという意見もあり、一概にどちらがいいと言うことはできません。ここではそれぞれの例を見てみましょう。

商談の前でも後でもどちらでも構わない

礼儀作法では、手土産を持参し訪問した場合、渡す時のタイミングは相手との商談が終わった後のようです。しかし、先に手土産を渡したとしても、それが話題のきっかけで、場が和むかもしれません。

状況により渡すタイミングは決まっている

手土産を渡すタイミングは商談の前でも後でもどちらでも構わないといいましたが、状況により渡すタイミングが決まっています。手土産が生ものの場合はもちろん、先に渡すしかありません。また、お礼やお詫びのときにも、先に渡すのが良いとされているようです。

手土産が生ものや冷たい物の場合は先に渡す

手土産が生ものや冷たい物の場合は先に渡しましょう。考えてみれば、当たり前ですよね。特に夏の場合は早めに、冬の場合でも室内は暖かくなっているので、すぐに手土産を渡しましょう。

お礼やお詫びの場合も先に手土産を渡す

謝罪やお礼の場合、最初の挨拶のときに手土産を渡したほうがいいでしょう。謝罪や感謝の気持ちを最初に示すのがビジネスマナーです。その後、謝罪や感謝の言葉を伝えましょう。

手土産を渡すときの言葉

ただ手土産を渡すだけでなく、気の効いた言葉とまでいかなくても、貰って嬉しくなるような言葉があると良いですね。定番の「つまらないものですが」という言葉は果たして適切な言葉なのでしょうか。

「つまらないものですが」はNG

テレビや映画などでよく手土産を渡す時に「つまらないものですが」という言葉をよく耳にします。しかしこの言葉は謙遜しているようで相手に「つまらないもの」を渡す意味です。実は失礼な言葉にあたります。

「ささやかな」「お口に合うかどうか」を使う

では、いったいどういう言葉が適切なのでしょうか。いい印象を与えるのは「ささやかなものですが」や「お口に合うかどうか」という言葉がふさわしいでしょう。

手土産は渡す時に「ささやかな」と言葉を添えて商談前に出す

手土産を渡す時のタイミングと言葉選びについてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか。客先に手土産を渡すタイミングとマナーは、貰う側の気持ちになって考えてみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム