2016年11月29日(火) 更新

「提案」の正しい敬語とその使い方

正しい敬語の使い分けは信頼される要素の1つ

敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の、3種類の使い分けながら言葉を使って行きます。敬語は相手を敬って使うという時に使用し、相手との距離感を考えながら、変えていく必要があります。正しい言葉使いマナーを守っているというだけで、ビジネスでは信頼される要素の一つになります。

尊敬語と謙譲語の使い分けが大事

尊敬語は相手を高めて使う時に使用する言葉で、謙譲語は自分を低くし相手を立てる時に使用する表現になっています。提案を敬語として使う時は、この2つを区別して混ざらないように場面を見極めることが大切です。丁寧語に関しては日常でも使う表現で、敬語を使いすぎて一文が長くなってしまった時に使用し、敬語が過剰にならないように注意します。

「ご提案」の後を相手によって変える

提案を敬語にする場合は、「ご」をつけ謙譲語として使う形になります。相手に提案をする場合は「ご提案いたします」または「ご提案申し上げます」という一文にすれば、提案という言葉に差し出すという意味も含まれており、印象が悪くない使い方になります。敬語の一つで「ご提案させて頂きます」という表現をする場合は、押し付けているという印象を受けないように相手に配慮をしたい時に使用するのが無難です。

自分に対しても「ご提案」の使い方もある

敬語で自分の行動に対して「ご」を使うという使い方はビジネスでの表現も使われます。「ご」の本来の使い方は、相手を敬う時に使用します。動作や持ち物に対して尊敬する気持ちを表現するものとなっていますが、「提案」が自分の場合でも相手に対してへりくだるという気持ちを表現する場合に使用するという事もあります。自分の行動の場合は「ご」は使用しないのですが、慣用表現として使われる場面も多く、相手や場面に合わせて使い分けるという事も必要になります。

「ご提案」が上から目線に感じる人もいる

「ご提案」は敬語としてよく使う言葉で間違いのない表現ではあります。しかし「ご提案」という言葉を使うと堅苦しい印象や大げさすぎて、上から目線に感じてしまう可能性もあるので、違う表現に変えるという対応が必要です。ビジネスで使われやすいのが、日程調整の際に提案と使う時です。その場合「都合の良い日時を教えていただけないでしょうか」と付け加えると、差し支えない表現にできます。

敬語を使いすぎないことも大切

ビジネスマナーの基本として、敬語を正しく使うのは重要ですが、過剰すぎると要点がぶれてしまい、聞いているだけで相手が疲れてしまうケースがあります。慣用となっている言葉はそのまま使う場合や、省略できる場面では丁寧語にして、固い表現を差し替えて敬語が過剰にならない表現にすることも、ビジネススキルとして必要です。

「ご提案」とするのが正しいが相手によって敬語の表現を変えるのがマナー

提案を使う場面はビジネスでは多く、相手にも自分にも「ご提案」というふうに使いましょう。「ご」をつけて敬語にするという使い方は、慣用表現としてしようされる場面もあります。相手から案を受ける場合すべてにご提案という敬語ではなく、敬語が過剰になり堅さが出てしまう場合は、言い回しを変えるという方法も大切です。敬語は相手を敬う為に使う表現と覚えておくと、差支えなく印象の良い言葉選びが出来るようになります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム