2016年11月29日(火) 更新

転職で入社時期を3ヶ月後にしてもらうリスク

入社時期を3ヶ月後にしてもらうリスクとは

それではまずはじめに、転職先企業への入社時期を3ヶ月後にしてもらうリスクについて考えてみましょう。入社時期が3ヶ月後と先になってしまっては、内定をもらえない、採用されないといったことになってくるのでしょうか?内定や採用に入社するまでの期間が関わってくるかは気になるところかと思います。

採用側の需要とあわず内定・採用されづらくなる

転職をする際に入社時期を3ヶ月後にしてもらうリスクとして、まず最初にいえるのは、退職する3ヶ月後に入社時期を希望してしまうと、内定や採用を企業から出してもらいづらくなるということです。

ズバ抜けて能力が高い場合には待ってもらえる可能性あり

他の応募者よりも明らかにとびぬけて能力がよくて、その会社にとって理想的な人物であるなら退職する3ヶ月くらい経ってから入社を希望しても、内定を出してもらったり、採用をしてもらえる可能性もあります。しかしそんなことは稀です。

多くの場合、入社時期が3か月後では遅すぎると思われることが多いです。したがって、内定・採用されづらくなってしまいます。

中途求人では企業に早い入社を求められている

中途の求人を出す企業側は、入社時期がなるべく早い方を求めているものです。ですから、退職してから3ヶ月後まで入社を待ってくれることはまず稀であるといってもいいです。

急遽、人が必要になったからこその中途の募集がほとんどなため、入社時期が退職する3ヶ月後では、転職がとても長引く可能性が高いです。長期戦になることを想定して戦いに挑む必要が出てくるでしょう。

入社時期を退職する3ヶ月後とすると今の会社から引き留めにあうリスクも出てくる

転職で、入社時期を退職する3ヶ月後にしてもらうリスクとして次にいえるのは、転職前の今いる会社でのリスクに関してです。転職を決めてから3ヶ月も、そこで働かなければならないとなると、そこで引き留めに合う可能性が非常に高くなりますよね。

しつこいと思うほどの引き留めに合うかもしれません。それが3ヶ月も続くとなると、意思が弱い人や、そうしたプレッシャーに弱い人は、身体を壊したり、結局内定辞退をしてその会社に留まってしまう方も出てくるでしょう。

1ヶ月後位なら引き継ぎなどで引き留めにあいにくい

入社時期を退職する3ヶ月後としてしまうと、そうした引き留めの機会を今いる会社に与えてしまうことになるのです。退職する1ヶ月後くらいであれば、引き継ぎに忙しくてそれどころではないでしょうが、退職する3ヶ月後ともなると、それも可能になります。それは間違いなく転職活動の妨げになることでしょう。

退職した3ヶ月後の入社となると自分が心変わりをしてしまうリスクもある

転職活動は意を決して始めるものでしょうし、入社時期を退職する3ヶ月後にしても、まず心変わりなんてしないと思うものですが、入社時期までそれだけ時間があくと、誰でも必ず考えすぎて、思いとどまったりしてしまうものです。

その期間の間に、今いる会社に愛着がわいてきてしまったり、転職先と思っていた会社よりもっといい会社を見つけてしまい、「やっぱりあっちがいいな…」と思って、内定辞退をしてしまったりするリスクも出てくるものです。

心変りが良い方向に働くことはない

これが1ヶ月程度であれば、自分としても忙しくてそれどころではなくなり、すんなり転職できるようになるでしょう。転職活動で、入社時期を3ヶ月後など遅い時期にすると、そうした心変わりのリスクも出てくるのです。また、その心変わりが良い方に働くことはほとんどないというのも、リスクの1つといえるかもしれませんね。

転職で入社時期を退職する3ヶ月後にすると採用の機会が減り会社から引き留めにあうリスクが考えられる

転職をする際に、転職先への入社時期を今の会社を退職した3ヶ月後にしてもらうリスクに関して見ていきました。もちろん、社会人としてはそれくらいの余裕をみて転職活動をするのが、今いる会社の適切な対応となりますが、それには今回紹介したようなリスクがあるというのを覚えておくべきでしょう。

入社時期が遅くなると企業は、内定や採用を出しづらいと言った現状がありますので、入社時期の設定は、良く考える必要があります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム