2016年11月29日(火) 更新

会社が人手不足に陥る原因と解決策

会社の人手不足の原因①:少子高齢化

会社の人手不足は、少子高齢化が原因でもあります。今までは企業の方が採用人数オーバーくらいの飽和状態で、企業数がたりないような状況でした。しかし、今では企業側が求人を求めているという、逆の現象が起こっています。その原因としては高齢化が進み、働き手が少なくなってきているのが挙げられるでしょう。

より良い人材を採用するため人事の精度を上げる

少子高齢化に伴って人材不足を感じたら、より長く働きスキルのある即戦力を採用していかなければなりません。より良い人材が長く働くための環境はもちろん大事ですが、そもそも即戦力がいなければ元も子もありませんよね。そのため、人事の精度をあげていく必要があります。採用基準を明確にするなどして、人事不足の原因を払拭していきましょう。

会社の人手不足に陥る原因②:給与と仕事内容のつりあい

会社の人で不足の最大の原因は、ここではないでしょうか。求人を見た時点で「給料が低すぎる」と思われては面接まで来てもらうことすらできません。また、求人広告の出し方がうまくいき面接に来てもらってOKを出したものの、求人の内容と違いすぎると思われたり給料の割に仕事内容が過酷すぎるとなると「あんなに働いたのに、給料これだけ?」と、すぐに人が辞めてしまったりと負のループですね。会社の人手不足には、こういった原因も考えられます。

待遇の改善も視野に入れて動く

会社が人手不足で、原因が仕事と給料にあると考えた時は、待遇の改善を視野に入れましょう。基本的な部分は給与ですが、残業代や有給休暇、退職金制度がないなどを見直してみてください。これらは、「会社の経営状態が悪いから残業代を支払えないのだろうか」などと考えてしまう原因になります。退職金制度についても同じです。さらに有給が勝手に消化されてしまっては、会社を信用できなくなってしまいます。

会社が人手不足に陥る原因③:派遣社員の増加

会社が人手不足になる原因は派遣会社が関係しているかもしれません。派遣会社は普通の仕事と比べても時給が高いですし、正社員を採用しようとしている企業と比べても給料が高いのが事実です。もちろん派遣社員の交通費は自費となるケースが多いのですが、それを差し引いても給料は派遣社員の方が上でしょう。派遣社員が悪いわけではないのですが、どうしても原因として考えられてしまうかもしれません。

社内の雰囲気を変える

人手不足を改善したいと思っているのであれば、まずは社内の雰囲気を変えましょう。派遣先の企業の雰囲気がよくないと、期限が来た時に延長してほしいと言われても断ってしまいますよね。それが正社員となると、雰囲気が合わない時点でやめておかなければ、いつまでもその会社にいることはできません。ですが、雰囲気の良い会社は少々給料が低くても待遇面が追い付いていなくても「ここならいてもいいかな」と思うようになるのです。

会社が人事不足に陥る原因は「少子高齢化」「給与面」「派遣の増加」があり環境の改善や雰囲気の変化が必要

人手不足の原因を色々お話してきましたが、一番の原因は給料などの待遇面です。会社の質が上がれば質のよい人材も入ってきますし、質の良い人材が入ってくれば売上もあがり給料面も考慮できますし、待遇も整えていけます。つまり、人手不足を改善するには会社の質を上げることが一番大切なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム