2016年11月29日(火) 更新

周囲にデキると思わせる幹事の飲み会での会費徴収法

飲み会の会費徴収は幹事の役目

飲み会の幹事になると、いかに会を盛り上げようか、どんな店に行くかなど、いろいろと気を使うポイントは多いもの。でも会の最後の「会費の徴収」は、地味だけどとても大事なお仕事ですよね。

出席者の誰が払った払わなかったということが分からなくなってしまったりすることがあります。効率のいい徴収の方法を見てみましょう。

幹事によって飲み会の会費の徴収方法は様々

誰もが一度は参加したときある飲み会や宴会。そこには必ず幹事がいます。自主的だったり、持ち回り制だったり、企業によって様々です。その幹事ならではの飲み会の集金があると思います。
幹事によっては当日回収したり、事前に回収したり、それぞれ異なる方法で回収しているようです。

飲み会で便利な徴収方法①:事前に会費を集金

幹事さんは事前に飲み会のお金を集金しておきましょう。幹事さんにとって、立替をせずに、当日中に精算を済ましてしまうのが最善な方法だと思いますが、事前に会費として徴収してしまうことで、幹事も参加者も安心して飲み会を楽しむことができます。

当日の会費徴収は幹事にとって手間だらけ

当日に飲み会の会費を集金すると、おそらく次々と1万円札が登場するでしょう。お釣りないよと頭を抱えながら、千円札を出して出して、お金が足りない!なんてことが起きるかもしれません。

当日幹事がパニくらないためにも飲み会の会費は事前に徴収しておきましょう。幹事のためになりますし、参加者のためにもなります。

会費を徴収済みだと当日幹事は慌てない

楽しい飲み会が終盤に差し掛かると「幹事さん!会計の時間です」という声が聞こえます。もし当日会費を徴収するなら幹事は慌てて集金に取り掛かるでしょう。

酔いつぶれた人や話を聞かない人、急に帰った人など、当日は会費の徴収は骨が折れます。またタイミングも重要です。事前に会費を集金しておけば幹事は慌てる必要がありません。 

幹事は3,000~4,000円の会費を事前徴収しておく

幹事さんは飲み会の会費は3,000~4,000円の間で設定しましょう。集金する際もさほど嫌な顔はされませんよ。ポイントたまる店での支払いだとうれしいですよね。幹事特権です。1次会は事前に集金した会費でかまいませんが、2次会は1次会より人数が減るので当日で問題ないでしょう。

飲み会で便利な徴収方法②:飲み会精算アプリを利用

飲み会の幹事で立替をした経験はありますでしょうか。会社の飲み会の精算は結構面倒です。
そんな時の為に、割り勘精算様のアプリが結構できているので、利用されたら如何でしょうか。面倒な精算が簡単にできます。幹事必見の効率のいい集金の方法はアプリの利用です。

グループごとの支払い調整ができる『幹事の割勘』

お酒を飲む飲まない、女性男性で幹事は会費の計算に悩みますよね。そこでこのアプリの登場です。
「幹事の割勘」は割り勘計算をしてくれるアプリです。特徴は「男性と女性」や「呑ん兵衛と下戸」、「上司と平社員」など割り勘を2つのグループに設定できます。グループ分けで金額に差を付けた割り勘計算が可能となります。幹事は状況に応じた清算ができます。

最大4つのグループに分けて会費を計算『スピード割り勘』

幹事にお助けアプリの「スピード割り勘」は飲み会や宴会などの回避の割り勘計算がスムーズに行えます。
是認が同じ会費を支払う時の割り勘計算は当然ですが、上司と部下や途中参加の人など、飲み会・宴会参加者を最大4つのグループまで分けられて、各自が支払う会費を計算することが可能です。
しかも1次会で余った金額を二次会の精算時に差し引くという計算もできます。

飲み会で便利な徴収方法③:会費を幹事の口座へ振込

幹事さんが立替を行い、じぶん銀行(三菱東京UFJが出資するWEBバンキングサービスで携帯やスマホで振込指示ができるサービス)の口座に振り込んでもらうことで、当日おつりが無いとかいった、幹事さんの苦労が緩和されます。

ちなみに、幹事さんは、立替をクレジットカードで行うと、ポイントをゲットできてお得です。

口座へ振込なら幹事が集金する手間が省ける

飲み会の会費を幹事の銀行口座に振り込みは集金する手間が省かれます。いまやコンビニにATMは一台はありますし、ネット決済というもので簡単に行えます。参加者は社会人なので銀行振り込みがわからないという人はまずいないでしょう。

幹事はクレジットカード使用でポイントがたまる

飲み会の会費を銀行振り込みにしてもらって当日幹事はクレジットカードで支払えば、ポイントがたまります。さすがにこの幹事のポイントに対して文句を言う人はいないでしょう。これこそ幹事特権なのです。銀行振り込みなのでわざわざ集金する手間も省けてますしね。

飲み会ではアプリや銀行サービスを使って会費を事前に徴収しよう

飲み会の幹事の方は参考になりましたでしょうか?  誰がいくら払うとか面倒なこともあって結構面倒なのが精算です。立替えた後の集金を後回しにしている内に忘れてしまい、みんなが忘れたころに徴収すると、結構ひんしゅくを買います。(誰でも、忘れたころにお金が戻ってくるのは喜びますが、出ていくのは嫌なものです)

そのようなことにならないために、飲み会の会費徴収は早めに済ましてしまうことをお勧めします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム