2016年11月29日(火) 更新

花束贈呈のBESTタイミングと感動演出のコツ

歓送迎会で贈る花束の選び方とは?

歓送迎会で花束贈呈するなら、花束の渡し方がポイントですよね。まずは、花束贈呈前の準備段階のポイントも含めて確認していきましょう。お祝いに贈るプレゼントと言えば、定番はやはり花束。花束は見た目も豪華で、見る人を華やかな気持ちにしてくれるアイテムです。

しかし、誰もが花束贈呈されて喜ぶという訳ではありません。では歓送迎会で贈る花束の選び方とは、どのような点に注意すればいいでしょうか?

渡す人のライフスタイルを考えて花束を選ぶのがマナー

歓送迎会やお祝いで花束贈呈するときは、その人のライフスタイルを考えて選ぶ様にするのがマナーです。たとえば、奥さんがいる男性や女性に贈ると、花束を持ちかえってもきちんと花瓶に入れ替えて飾れるでしょう。

しかし独身男性だと、花瓶もなければ花束自体が邪魔になってしまうでしょう。その場合には、フラワーアレンジメントにしてあげると余計な手間がかからずに持ち帰りやすいですよ。このように、花束を渡す人へのライフスタイルを考慮した上で選ぶのがマナーです。

歓送迎会で花束贈呈するなら「4・9・13」の本数にならないようにする

歓送迎会の花束贈呈で渡すとき、帰りの荷物にならないような大きさの花束にしましょう。また、4本・9本・13本など、縁起の悪い本数の花束にならないよう注意してください。

そのほか、花言葉には悪い意味を含むものがあるので、店員さんと相談して花束の内容を決めるようにしましょう。

歓送迎会で花束を渡すタイミングとは?

歓送迎会のシーズンになると、花屋は大変混雑します。お祝いのプレゼントに花束を渡すなら、なるべく早く予約をしておきましょう。

では、歓送迎会で花束を渡す正しいタイミングを紹介します。花束を渡すときは、タイミングを知っておかないとマナー違反になりかねません。紹介する正しいタイミングを参考にしてください。

花束を渡す正しいタイミング:歓送迎会の終盤

歓送迎会で花束の贈呈を行う適切なタイミングは、歓送迎会の終盤です。花束は場所を取るので、歓送迎会の最初のタイミングで渡してしまうと、もらった人を困らせてしまうでしょう。

もちろん歓送迎会の主人公を煩わせるのはマナー違反。歓迎会の終盤で花束を渡すのが、適切なタイミングでしょう。

挨拶の前で渡すのも見栄えが良くなるので◎

歓送迎会では新任者や転任者の挨拶の前後のタイミングでの花束贈呈もいいでしょう。挨拶の前のタイミングで渡すと花束を持って挨拶を行うので、見栄えがよくなります。

ただ、花束のほかに贈答品がある場合は、荷物になるので前述のような挨拶後のタイミングが良いでしょう。終盤か挨拶前か、あらかじめ進行内容を確認して、どちらのタイミングで花束贈呈をするか選択してください。

歓送迎会で花束贈呈するときの演出方法

歓送迎会での花束贈呈は、演出が重要。花束の渡し方は、どんな工夫をすると主役に喜んでもらえるでしょうか?

ただ飲み会を設定するだけではなく、思い出に残るワンランク上の歓送迎会にしましょう。思い出に残る歓送迎会でのサプライズ演出は、不可欠。そこで、より感謝の気持ちが伝わるちょっとした花束贈呈の演出方法を参考にしてください。

転任者への花束はメッセージカードを添えるのがオススメ

歓送迎会での花束贈呈は感動的な場面です。上記で紹介したように、タイミングに気をつけたうえで、上手い花束の渡し方を演出しましょう。転任者へは労いの言葉や感謝の気持ちを一言述べてください。その際に、メッセージカードなどを添えてた花束の渡し方もグッとくるはず。

写真を貼ったり、写真の回りにみんなのメッセージを書き添えたり飾り付けたりすれば、より感動を演出できるでしょう。忙しい職場でも、少しの材料と手間で素敵なサプライズ演出ができてしまう便利グッズです。転任者が喜ぶ花束の渡し方は、いままでの感謝の気持ちを込める事です。

新任者への花束の渡し方:寄せ書きしたプレゼントも一緒に

歓送迎会では、一般的に親交の深い同僚や直属の上司が花束を手渡します。花束を手渡すときは、新任者へは歓迎の言葉や活躍への期待を述べましょう。

そして花束+プレゼントを用意しておきます。プレゼントはボールやタオル、人形スピーカーなど寄せ書きができるものにしてください。そのプレゼントに、職場の人に協力してもらってに寄せ書きを書いて渡すと喜ばれるでしょう。新任者には心を込めたお祝いの気持ちをちゃんと伝えてください。工夫してサプライズが成功するといいですね。

花束の歓送迎会の渡し方は適切なタイミングで感動を演出!

花束贈呈のBESTタイミングと感動演出のコツをご紹介しました。歓送迎会の中でも花束の贈呈は特に感動的な場面なので、タイミングとしては、会の最後に行う方が良いでしょう。

趣向を凝らした効果的な演出で会の最後を締め、マナーを守って送り出す気持ちや歓迎する気持ちを伝えてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム