2017年07月11日(火) 更新

転勤の辞令が出る時期・タイミングとその内容

辞令に記載してあることとは?

辞令には、転勤先や最初の出勤日などが記載されています。また、辞令は会社命令のため、文書も基本的に命令口調で記載されています。すなわち、基本的には拒否できないことを意味します。

転勤の辞令の通達

転勤の辞令は直属の上司を通して通達されることがあります。直接、自分宛に送られることもありますが、まだ決定事項でない場合は、上司と相談の時間を取る場合もあります。会社の方針によって大きく変わるので、事前に周囲の人物に聞くなどして、調べておきましょう。

転勤の辞令は拒否できるのか

転勤の辞令は基本的に拒否はできません。特別な事情がない限り、拒否すると、解雇の対象になる場合があります。転勤の意思があるかどうかを確認してくれる会社も存在しますが、本人の意向を無視して辞令を通達する会社も多く存在します。

転勤の辞令を拒否できる場合

入社時に「転勤は無い」という説明を受けていた場合は転勤を拒否できます。つまり、会社側の契約違反による転勤の辞令は拒否できます。また、転勤者にとって、著しく不都合な場所への転勤は、話し合いの上、拒否できることがあります。しかし、上司との関係がこじれてしまう場合は、転職を目指したほうがいいかもしれません。

転勤の辞令が出されるタイミング

転勤の辞令が通達される時期は、実際に転勤をする1ヶ月前が一般的です。しかし、2ヶ月前から口頭で伝えられている場合もあれば、2週間前に急に辞令が通達されることもあります。会社によって転勤の辞令が通達される時期は違うので、前例を調べておきましょう。

辞令が出たら転勤の準備を進める

転勤の正式な辞令が出る前に、転勤の旨を口頭で伝えられる場合があるので、その場合は早急に家族への報告を行い、新居探しなどの準備を進めましょう。また、正式に辞令が下った場合は、お世話になった方々への挨拶を忘れずに行いましょう。転勤前は、仕事の引き継ぎなどでバタバタしていますが、お礼の手紙を書くなどして感謝の気持ちを伝えましょう。

転勤の辞令が出されるタイミングを知って余裕を持って準備しよう

転勤の辞令が下った場合、現在の仕事の引き継ぎを行ったり、新居を探したり、様々な手続きを行ったりしなければなりません。正式な辞令が下る前に、口頭で伝えられる場合が多いので、できるだけ早めに準備し、転勤直前は、余裕を持って周囲の人にお礼を述べられるような状態にしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム