2017年07月11日(火) 更新

出世or左遷|転勤の辞令が出た時に確認すべきこと

転勤の辞令が出た時の確認ポイント:自分の評価を確認する

特に周囲からの評価が高いわけでもないのに、上司から転勤を命じられた場合は要注意です。左遷や、退職勧奨を意図した転勤の可能性があります。特に仕事で成果も挙げていないのに転勤を命じられた場合は、転勤先の状況を調べましょう。また、自分の評価を再確認してみるのも大切です。

転勤先の状況を知って栄転か退職勧奨かを判断する

転勤先の状況を知る事が出来れば、転勤が栄転か退職勧奨かが分かります。
左遷の場合は、転勤先で頑張ることで将来的に出世する見込みがあるのであれば、受け入れて努力するのもいいでしょう。しかし、改善の見込みが無い退職勧奨の場合は、上司や人事部の口車に惑わされずに、自身の意志をはっきりと表明するようにしましょう。ひとりで解決するのが難しい場合は、労働問題に詳しい専門家に相談したり、転職したりする事も考えましょう。

転勤の辞令が出た時の確認ポイント:出世可能かどうかを確認

出世可能な転勤は、昇格とほぼ同じタイミングで通達されている、あるいは、昇格前提で通達されている転勤です。また、昇格が約束されていない場合でも、本社に異動、あるいは、新規事業を展開している支社に異動する場合は、携わる仕事の幅が大きくなり、新しい事にチャレンジできるため、結果的に出世するスピードが速くなります。

転勤の辞令が出た時の確認ポイント:出世できる転勤を目指す

転勤のある企業に勤めている場合は、出世を伴う転勤を目指す事が大切です。そのためにも、日頃、上司から高い評価を得られるような社員になりましょう。また、出世のや左遷のタイミングではなく、ジョブローテーションによって転勤を命じられる場合があります。その際は、「ここで新たな事にチャレンジすれば、昇進につながる!」と前向きに捉える事が大切です。

上司の評価が転勤の中身を左右する

どれだけ成果を挙げたとしても、上司に気に評価されなければ出世は難しいです。上司のさじ加減で全てが決まってしまう会社も存在するので、日頃から業務中にコミュニケーションを取っておくのが大切です。

命じられた転勤が出世か左遷かをじっくり考えよう

転勤を命じられたときは、その転勤の背景にどのような意図が込められているのをよく考える必要があります。退職勧奨による転勤を受け入れてしまわないように、転勤先の情報や、自身の評価については日頃から気に留めておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム