2016年11月25日(金) 更新

【年末の納会の式次第】このポイントを押さえれば幹事役は合格!

年末の納会の式次第1~開宴

まず、納会の開宴時の式次第から説明しましょう。開宴の時はまだだれもお酒を飲んでいませんから、ちょっとしたミスも目立ってしまいます。「初めよければすべて良し」と心得て、慎重にスタートすることをおすすめします。

開宴時の式次第のポイントは「人選」

一年を締めくくる納会ではまず、幹事か司会進行役の人が「開宴の辞」を述べます。何も特別なことではなく、「皆様お揃いになりましたので、只今より納会を始めたいと思います」というような挨拶でOKです。

次に、参加者の中でもっとも地位の高い人が挨拶します。たとえば部の納会であれば部長挨拶になるわけです。その後にナンバー2の人に乾杯の音頭を取ってもらいます。課長や主任などが適切な人選でしょう。幹事は事前に上司と相談し、誰が最初に挨拶し、誰が乾杯の音頭をとればいいのか、指示を仰いでおくといいでしょう。

乾杯が終わったら、幹事なり司会者なりが「では、ご自由にご歓談ください」と告げて、飲食に移ります。

納会に余興などは必要なのか?

開宴し、自由な飲食に移ったとき、たとえば忘年会ではほとんど場合、ゲームや演芸的な余興がプログラムされます。では、納会でもそれが必要なのでしょうか。

納会での余興はケースバイケースと心得

答えは、「ケースバイケース」です。納会の中には、会社内の会議室などで行われるものもあります。そういうタイプの納会はかなりコンパクトで、「仕事納め」という意味合いの大変強いものです。ですから、型通りの進行をして短時間ですませるのが、その主旨と考えていいでしょう。

中には忘年会的な納会もありますので、そういった納会は、余興やゲームなどの準備をする必要があるでしょう。要するに、会社や部署の「慣例」に従ってプログラミングすればいいのです。

年末の納会の式次第2~終宴

最後に納会をしめくくる、終宴の式次第について説明します。一年の最後を締めくくる納会の、最後の締めですので、きれいにお開きにしましょう。

「手締め」が一般的

日本の企業の納会の締めは、「手締め」が一般的です。司会者が、「宴たけなわではありますが、そろそろお時間となりました」と終宴を告げ、宴を締めることになります。その際、参加者の中でナンバーワンからナンバースリーまでの人に「手締め」の挨拶を依頼することになります。

指名された人が短いスピーチをして、「一本締め」「三本締め」などの手締めをして、宴はお開きになります。二次会を用意している場合は、そのあとで幹事がその案内をするのが、一般的な式次第です。

年末の納会は、タイプを事前にしっかり把握して式次第を決定しましょう!

説明したように、年末の納会には「純粋な納めの会」と「忘年会を兼ねた納めの会」があります。前者であれば、型通りの簡潔な式次第で問題ありません。しかし、後者であるなら、余興などを加える必要が生じるでしょう。ですから、幹事になったらまず、「どういうタイプの納会なのか」を正確に認識する必要があり、それにそった式次第を決定するべきでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム