「栄転」とは?その意味と「異動」や「昇進」などとの違い

更新 / 49717 view

栄転の意味とは?

「ご栄転おめでとうございます」といったように、ビジネスシーンで「栄転」という言葉をときどき耳にします。日常生活ではあまり使わない言葉ですね。本記事では、この栄転という言葉の意味と、間違いやすい言葉との意味の違い、そして自分にとっての栄転をどのように捉えればよいかをご紹介します。

職務や職場が以前よりも良い位置に移ること

まずは栄転の意味ですが「職務や職場が、以前よりも良い位置に移ること」です。給料が上がるというニュアンスではなく、あくまで担当する仕事、勤務する職場(部署)が、良いところに変わるという意味になります。それは誰もが憧れる花形的な部署であったり、将来の出世につながる社の中心的部署であったりします。

また、栄転という言葉には、転勤というニュアンスが強く含まれています。同じ建物内での部署異動などには、あまり使われません。

栄転と【昇進】の違い

栄転と似た意味の言葉として、昇進が思い浮かぶかもしれません。この昇進と栄転の違いは、同じ部署や支店内などでの地位向上かどうかにあります。上記の通り、栄転は「転勤」のニュアンスを強く含みますが、昇進の場合は、同じ部署や支店内などでよりよい立場に移ることであり、転勤のニュアンスはありません。

栄転と【異動】の違い

それでは、同じように「異動」はどうでしょうか。異動の場合は、役職や地位が上がるといった意味がない、単なる人事異動という意味になります。

栄転と【転勤】の違い

異動と同じように、役職や地位が上がるわけではないのが転勤です。それでは異動と転勤の違いはなにかというと、それは引っ越しを伴うかどうかと考えるとよいでしょう。引っ越しを伴うほど遠くへと異動になるのが転勤であり、その際により良い役職やポジションにつくことになるのが栄転というわけです。

栄転と【赴任】の違い

赴任という言葉もありますね。栄転との違いを考えるよりも、転勤との違いを考えた方がわかりやすいかもしれません。転勤と赴任には、あまり大きな意味の違いはありません。

より細かいニュアンスとしては、転勤は勤務地が変わることそのものを指すのに対し、赴任はその勤務地へ赴くことを指します。「転勤先へ赴任する」などといった言い方が成り立つわけです。

栄転と【出向】の違い

栄転と出向との違いについても、転勤を基準に考えてみるとわかりやすいでしょう。出向には少し特別な意味があり、命令によって、あるところへ出かけたり、他の会社(子会社や関連会社)や役所の仕事につくことを言います。この「他の会社」という部分が、出向の特徴的なところです。

「転勤」「赴任」「出向」については、以下の記事でもご紹介しています。
「赴任」の正しい意味と「転勤」「出向」との明確な違い

栄転の対義語:【左遷】

最後に、栄転の対義語「左遷」についてご紹介します。左遷は、あまり活躍の場がない部署や、本社から遠く離れた僻地支店への転勤といった意味があります。

以上が栄転の意味と、似た言葉との違いになります。しかし、栄転や左遷といったポジティブ、ネガティブな区分があるとはいえ、どんな異動・転勤であったらポジティブなのか、ネガティブなのかは、実は簡単には判断できないものです。以下をご覧ください。

転勤を栄転と捉えるか、左遷と捉えるか

たとえば、本社勤務だったけれど、首都圏から離れた支店への転勤が決まった場合、それを栄転と捉えるか左遷と捉えるかについてです。本社からの転勤となると、支店に移った後の役職は本社にいたころより上がる場合も多いです。それは本社と支店では各ポジションの地位が異なるからです。本社で部長級だった役職が、支店で部長になったりします。

この本社と支店のギャップを超えて、社内での地位が上がった場合には、それは栄転といえるでしょう。逆に、ギャップがある会社にもかかわらず、地位が変わらなかったとしたら、左遷に近い転勤といえるかもしれません。

将来へのステップとしての転勤

しかし、栄転といえる転勤はそれだけではありません。たとえば、本社でより高いポジションに就くためには、経営の経験を積む必要がある場合、今のポジションのまま本社で経営の勉強をするには限界があるでしょう。

そこで、より高い役職者として支店に転勤し、経営の勉強させる、というケースがあります。つまり、将来へのステップとして経験を積ませるために、会社側が転勤を命じるわけです。これは栄転といっても違和感がありません。

会社の慣習や意向を知ろう

つまり、どこからどこへの転勤であっても、それが栄転であるか左遷であるかは、会社の意向次第だということです。将来の役員候補には必ず○○部を経験させるとか、出世させる価値があるかどうかを計るために○○支店で力を試すといった慣習が会社にある場合、たとえ本社以外への転勤であっても、会社の期待を背負った栄転であるといえます。

会社内の立場だけでなく「自分が行きたい部署」に行くのも栄転

さらにいえば、栄転は昇給や役職の向上を具体的な基準にしているわけではありません。そのため、何をもって栄転と感じるかは、人によって違いがあるのです。

栄転の判断基準には主観も関係する

たとえば、現場で技術者として働いている人が昇進して、そのチームの責任者となったとします。一般的に見ればこの昇進は栄転といえますが、もしその人が、管理者よりも技術者として仕事をしていきたいと考えていたならば、本人にとっては栄転とはいえないでしょう。このように、栄転か左遷かの判断基準には、本人の主観も関係するのです。

栄転に伴う責任の増加

上記の例では、技術者が管理者になることで、これまでよりも重い責任を背負う必要が出てきます。給料や地位が上がる以上、これは仕方のないことですが、それを本人が喜ぶかどうかは別なのです。

何を目指して仕事をするかを決めておくと良い

そのため、会社に対しては自分が何を目指して仕事をしているのか、正確にアピールしていきたいものです。会社の体質にもよりますが、本人の意向をよく汲んでくれる会社であれば、たとえば技術者一筋を志望している人には、技術者としての道が用意されるかもしれません。

しかしそれも、自分が仕事に対して何を求めているのか、仕事に対する自分の価値観が定まっていなければなりません。自分は何を目指して仕事をするのか、常に考える姿勢を身につけておくとよいでしょう。

仲間が栄転する際はお祝いを

最後に、自分ではなく仲間が栄転する際の栄転祝いについて、マナーと共にご紹介していきます。職場の上司や仲間が栄転する際には、栄転祝いとしてお金や品物を贈るのが風習になっている会社もあります。

基本的にはその会社の風習に従っていれば問題ありませんが、もし個人的にお祝いをする場合などがあれば、以下のマナーをぜひ参考にしてみてください。

同僚にも配慮してささやかに

まず、ある人の栄転をお祝いする際に注意しなければならないのは、その人の同期の存在です。栄転する人は、優秀だったり何かの実績が認められて栄転するわけですが、その人と同期で入社して、その人に先を越されてしまった同僚が、職場にはいるはずです。

個人的に栄転祝いをするときは、そういった人にも配慮して、ごく仲間内や個人間でささやかにおこなうのが良いでしょう。

お祝いの金額相場は3,000~30,000円

栄転祝いとしてお金を渡す場合には、相手との関係に応じて30,000円程度までの金額にすると良いでしょう。仲間内ではお金を出し合う場合には、一人3,000円などと決めて贈るのも良いでしょう。

水引と表書きの書き方

栄転祝いとしてお金を贈る場合には、水引は「紅白か金銀」で「蝶結び」のものを選びましょう。蝶結びの水引は、出産祝いなど「もう一度起こって欲しいお祝い事」に用います。栄転も、何度も起こるほど喜ばしいお祝い事ですよね。

表書きには「御栄転御祝」または「祝御栄転」と書きましょう。

ビジネスグッズや商品券でもOK

もちろん、栄転祝いとして贈るのはお金である必要はありません。ビジネスグッズや商品券を贈っても良いでしょう。ただ、靴下などの踏みつけるもの、お皿などの割れ物は避けてください。

また、上司にお祝いを贈る際には、現金を贈るのはときに失礼ととられるので、避けた方がいいかもしれません。そういった場合は、商品券などを選びましょう。

栄転は本人にとって好条件の転勤!お祝いを贈る際はマナーを守ろう

栄転の意味と捉え方、栄転祝いの意味についてご紹介しました。栄転には、より華やかな役職、出世が望める部署などへの転勤という意味があります。昇進が同じ部署、建物内での役職向上であるのに対して、栄転には転勤を伴うニュアンスがあります。

しかし、何をもって栄転を考えるかは個人の主観によって違います。一般的な栄転と言う言葉は、やはり出世につながるルートを一歩進むという意味になりますが、自分が仕事に何を望んでいるかをよく考えれば、自分がどんな目標を掲げて仕事に打ち込むべきかが見えてくるはずです。