事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年07月11日(火) 更新

転勤してから戻るまでの期間と平均年数

転勤してから戻るまでの期間はどのくらい?

転勤してから戻るまでの期間はどのくらいなのか?その期間について、まずは紹介していきます。既婚者の方が転勤すると、単身赴任か引越しかを決めなければいけないので、家族も転勤期間が気になってくる点ですよね。転勤をしてから戻るまでの期間はどのくらいなのか、しっかりとおさえておきましょう。

転勤期間は短くて半年・長いと10年単位になる

転勤の期間は、会社の状況と目的や職種によって大きく異なるため、人によって差があります。早くて半年・遅いと10年単位になる場合もあります。現場を立て直しに行くのであれば、立て直すまでは戻ってこれませんが、逆をつくと、立て直せば短期間で戻る可能性もあるということです。

転勤して戻るまでの平均年数は?

では、ここで転勤して戻るまでの平均年数について紹介していきますが、転勤して戻るまでの平均年数は一体どのくらいなのでしょうか?気になる人も多いはず。しっかりとその転勤期間の平均についてもおさえておきましょう。

転勤期間は一般的に平均年数は3年が多い

転勤先から戻るまでの平均年数は、3年が一般的です。3年と聞くと、長く感じますが新しい環境で働けばあっという間だと思います。戻ることを頭に入れておきながらも、業務に取り組みましょう。平均年数が3年でも、その状況によって異なるので「3年くらいかな」と、軽い気持ちで考えておきましょう。

栄転ならば3~5年で昇格して戻る可能性大

栄転として転勤する場合は、3~5年の期間で、その後に昇進の話が出て、管理職などの役職に昇格をして戻ることが多いです。もちろん、最初から「昇進を前提に」とはっきり言われる訳ではありません。ですが、本人や家族には匂わせることも多くなります。

転勤から戻るまでの期間は早くて半年で平均年数は3年が多い

転勤から戻るまでの期間と平均年数に関して見てきました。転勤の種類によっても、戻るまでの期間はバラバラなので、既婚者の方は単身赴任か引越しかをじっくり考えましょう。期間が決まっていないところが転勤の一番嫌なところかもしれません。ですが、転勤が決まっても悲観的にならず、出世のチャンスがあると思って前向きに捉えましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム