2016年11月29日(火) 更新

転勤が少ない職種・業界を探す際のポイント

転勤が少ない業界・職種の特徴を把握しておこう

まずは、転勤が少ない業界・職種を選ぶという手段です。これは個人の好みもあるので、必ずしもこの手段を講じれるとは限りませんが、どんな仕事に就きたいか決まっていない場合には有効な手段の一つです。

支店・営業所がない会社は転勤が少ない

転勤が少ない業界の条件として、「支店・営業所がない」という点が非常に重要です。
また、職種に関しては、物販系は転勤が多い事で有名ですし、商社もそうです。飲食店も同様です。逆に、工場や工務店などは転勤が少ないと言われています。

業界が自分に合っているかを考えよう

転勤が少ない業界を選ぼうとすると、おのずと選べる職業が決まってきます。あまり転勤を意識しすぎると、入社してから仕事に中々慣れることが出来ずに苦労する可能性もあります。
その職業が嫌になり、途中で転職をしてしまっては意味が無いので、決める際には将来のビジョンも考えることが大切です。

業界を問わず役職者も転勤が少ないと言われている

1つの会社で社員全員が必ず転勤をする訳ではありません。物販系で、本社でしか総合職に就けない場合は総合職に就くことで転勤をすることがなくなります。

ただし、最初から総合職に就けることは少なく、最初は販売員として現場で働いて経験を積む必要があります。それまでは我慢をして、キャリアアップを目指すことが大切です。

需要が高い役職で能力を発揮しよう

支社や店舗には、それぞれ格付けがされていることがほとんどです。一年間の売上が高い店舗に優秀な人材を配置すれば、より業績を挙げられます。その状態を持続する為に、能力が高い人材を売上高が高い店舗に長く配属します。

つまり、転勤がある会社でも自分が能力を発揮すれば、ある程度の希望を聞いてもらえたり、転勤を頻繁にしなくてもよくなります。

入社時に転勤に関しての契約内容を確認しよう

一般的に転勤があると思われている業界であっても、会社の契約書に転勤が無い旨が記載されている場合は転勤がありません。特に中小企業は店舗や支社の数が元から少ないので、転勤が無い旨が契約書に記載されている場合もあります。事前に確認してから入社を決めましょう。

契約内容だけではなく会社の規模も確認

中小企業は頻繁に社員を転勤させることで、1つの支社や店舗を成長させることが難しくなります。まずは、土台作りを行って支社や店舗の業績の底上げを行う必要があります。

その為に、転勤があると記載されていても、実際には転勤の数が少ないことがあります。クチコミを見て、どれだけの頻度で転勤の可能性があるか確認しておきましょう。

転勤が少ない職種・業界を探す際のポイントは会社の規模と支店数!!

転勤が少ない職種・業界を探す際のポイントについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
転勤が少ない会社を探す際には、業界と役職と会社の規模に注目しましょう。全ての条件を満たす職業を見つけることは非常に難しいので、どれか一つの項目だけでも転勤が少ないものを選ぶことで、比較的転勤が少ない人生を送れます。

業界・職業を把握することも重要です。転勤は年齢の問題も関係してきますので、若い内は諦めて、早々に出世をして転勤が少ない役職に就くことも大切です。自分に合った方法を模索して、上手く会社を選びましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム