事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年10月11日(水) 更新

「赴任」の正しい意味と「転勤」「出向」との明確な違い

赴任・転勤・出向の意味の違いとは?

赴任とは?転勤とは?出向とは?似たような言葉で意味の違いを理解していない言葉はたくさんありますが、今回はその中でも赴任・転勤・出向の意味の違いについて紹介していきます。
最初に転勤と赴任と出向の意味を正しく理解しておきましょう。

転勤とは「勤務地の変更」を意味する

まず転勤とはどんな意味なのかについて見ていきましょう。
転勤とは、社内の従業員を同社の異なる勤務地に配置転換することを意味します。配置転換は社内の管理者、監督部署の長が行います。つまり、転勤とは勤務地が変わる事に対して使う言葉なのです。
その為、「○○支店に転勤が決まった」というように使います。

赴任とは「転勤先へ赴く事」を意味する

続いて、赴任とはどんな意味なのかについて説明していきます。
赴任とは転勤を命じられた人間が任地へ赴くことを意味します。転勤と大きな違いはないのであまり深刻になる必要はありません。
言い換えると、赴任とは転勤先へ行くことに対して使う言葉になります。
「□□営業所に赴任が決まった」というようなニュアンスで使います。

出向とは「ある会社へ一定期間在籍する事」を意味する

次に出向とはどのような意味なのかについて見ていきましょう。出向は赴任・転勤とは少し使い方も違ってくるので要注意です。
出向とは、その会社へ一定期間在籍するようなイメージです。転勤も赴任も出向も違う場所で働くという意味は変わりませんが、ニュアンスが少し変わります。なぜなら、出向とは、その企業に出社して働く事だからです。
「○○株式会社への出向が決まった」というような使い方をします。

単身赴任とは「家族と離れて1人で遠方へ転勤する事」

赴任に関連して、単身赴任という言葉もよく聞きますが、この単身赴任とはどういう意味なのでしょうか?
単身赴任とは、一人で遠方へ転勤することを意味します。家族と暮らす人物が家族と離れて、遠方に一人で暮らすことを単身赴任と言います。
よって、単身転勤でも意味合いとしては問題ないと思いますが、言い回しとしては単身転勤ではなく、単身赴任と一般的には使われます。

出向・転勤とは違って異動は勤務地の変更がなくても使える

他に転勤・出向と同じような意味に使われがちなのが異動です。
出向は、現在の企業に在籍しながら、他社で働くことです。よって、所属は元の会社のままですが、表向きは他社の社員として働くことを指します。
一方、異動とは勤務先が変わることです。転勤と異なるところは、勤務地が変わらなくても異動はありえることです。

本社の総務部と経理部が同じフロアにあって、総務部から経理部に移ることは異動です。勤務地は変わらないので異動になります。
また、東京支店から大阪支店に移ることも異動です。こちらは勤務地が変わりますが、先程と同じ異動になります。

転勤・出向・赴任の使い分けは特にないが会社ごとで違う場合も!

転勤と赴任と出向はそれぞれで少しずつ意味が違うようでしたが、転勤も赴任も出向も使う側はゴチャゴチャになってしまっている場合もありますよね。転勤と赴任と出向、似ているようで少し違いますが、実際に転勤と赴任と出向のいずれかになった場合、どのように使い分ければいいのでしょうか?

基本的には転勤・赴任・出向はどちらの表現でも違いはありません。より良い表現を強いて挙げるとしたら「栄転」です。後は会社によって表現が違うだけであって、どれが昇格でどれが降格という決めはありません。会社によりけりです。

赴任・転勤・出向の意味は微妙に違うので間違えないように注意しよう!

転勤と赴任と出向の意味の違いについてお分かりいただけたでしょうか?
転勤とはある人物の環境が変わることを意味します。勤務地が変わることにより、ある人物の環境が変わることを転勤というのです。
赴任はある人物の行動そのものを指します。よって、単身赴任は例外的な使用方法ですが、ある人物が勤務地に移動した行動を赴任と呼びます。転勤と赴任と出向では指しているものが違います。

転勤も赴任も出向も、どの言葉を使っても問題ないですが、会社ごとにルールが定められていたりするので、その辺りはご自身の勤務先できちんと確認をしましょう。

関連コラム