2018年01月30日(火) 更新

昇格を断る際に適切な辞退理由と守るべきビジネスマナー

昇格を断る際にまず考えるべきは「理由」

昇格を断ると、一時的でも会社に迷惑をかけることになるはずです。
予め上層部で相談をして昇格をさせる人物を決めているので、断られると決めなおしの作業を行う必要があります。
つまり、時間と労力を無駄にさせるという意味なので、昇格を断る際はまず、納得してもらえる理由を考えておきましょう。
それなりの理由も無しに断るのは、会社の顔に泥を塗るというのと同意義ですので、その点はしっかりと覚えておきましょう。

理由が決まったら速やかに上司に伝える必要がある

昇格を断る意思を固まり、その理由も決まったらできるだけ早く上司に伝える必要があります。
時間が経過すればするほどに、会社としてもあなたが昇格を受けるつもりだと判断して、様々な業務を進めるでしょう。
期限の前日になって辞退を伝えるなどは、ルールは守っていても会社に大きな迷惑をかけるのでビジネスマナーとしては好ましくありません。

昇格を断る際の理由は「妥当性があれば認められる」!

昇格を断る際は、昇格を断る理由が決まったからといって安心してはいけません。
安易な理由であれば納得してもらえない可能性もあるのです。
単純に仕事内容が気に食わない場合では、仕事を選り好みしているという意味なので認められないでしょう。
つまり、上層部を納得させるに足りうる、致し方ない理由であるかをよく考えなければなりません。
たとえば、将来自分が就きたいポストに行けないなどの理由であれば、それを伝えて前向きな辞退であるとアピールするなどです。
明確な理由も無しに断るのはマナー違反だと覚えておきましょう。

正式に昇格を断る前に直属の上司に一言相談するのも大事

自分だけで昇格を断る判断をせずに、上司に一度相談するのも大事です。
自分を推薦してくれている可能性があり、あなたの能力を一番に熟知しているのも直属の上司です。
ここで相談せずに独断で断ってしまうと、上司に恥をかかせることになります。
今後の関係に影響する可能性がありますので、これも抑えておくべき重要なマナーの1つなのです。

昇格を断る際に守るべきビジネスマナーは「できる限り詳しく説明」

上司や上層部に自分の意思を伝える際には、理由を簡潔に述べるのではなく、なぜそういう考えに至ったのか経緯を詳しく話しましょう。
まとめた理由だけを伝えても、それでは上層部の心には響かす納得してもらえない場合がほとんどです。
今後の仕事に影響を及ぼさないためにも、たとえプライベートな理由であってもしっかり伝えるのが社会人としてのビジネスマナーです。
マナーを守って正式に辞退するという事であれば、上層部も納得して今後の仕事の方針を考えてくれるはずです。

断る際に申し訳なさを前面に出す姿勢も

昇格を断る際に堂々とした態度で伝えると、非常に偉そうにしているように見えます。
会社としてはあなたに期待して昇格を伝えた訳ですから、少なからず迷惑をかけているという認識を持ち、申し訳ないという気持ちを全面に出して伝えましょう。これも重要なマナーのひとつです。
ビジネスマナーをしっかりと守った断り方であれば、今回の昇格の内容では受けられなくても、数年後には新たに良い昇格先を提案してもらえる可能性もあるのです。

昇格を断る際は「妥当性のある辞退理由」を「できる限り詳しく説明」するのが大事!

いかがでしたか?
昇格を断るということは、会社の善意を拒絶するという意味です。
会社としては、あなたの能力を最大限に買っており、会社の利益が出ると踏んでの辞令なのです。
それを断るのですから、妥当性のある辞退理由を出来る限り詳しく説明するようにしましょう。
双方ともに納得して元の仕事に戻れるように、昇格の辞退を伝えに行くまでの過程は非常に大切です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム