2016年12月26日(月) 更新

バレンタインで上司に渡すチョコの相場

事前のリサーチでバレンタインチョコの失敗をなくそう

まずは事前に、会社でバレンタインがいままでどんな風だったかを確認しましょう。事前のリサーチで避けられた失敗をしてしまっては元も子もありません。

女性社員同士で取決めがされていないか確認する

例えば男性社員が多く、女性社員がほんの数人しかいないというような職場の場合、女性のほうがすごい出費になってしまいますよね。そういうときに多いのが、みなで共同でチョコを購入し、女性社員一同からという形でプレゼントする方法です。そういう実態がないか、そういう話が持ち上がっていないか、確認しておくようにしましょう。

職場の相場観を調べておく

どんなに市場での相場や、上司や同僚といった立場、などで一般的なバレンタインのチョコの相場が出回っていても、その職場にかならず当てはまるとはかぎりません。自分だけ高額なチョコを配って浮いてしまった、または安すぎて目立ってしまったなんてことのないように、去年はどんな価格帯のものを買ったのかを、先輩社員などに教えてもらうといいでしょう。

上司が食べれないものがないかリサーチしておく

チョコを渡したら、上司が甘いものは苦手だった…ならまだしも、糖尿病で食べられない、なんて可能性もなくはありません。女性社員で全員に同じものを渡す、というような取決めがないのであれば、上司が好きな食べ物や、実用的な小物など、チョコ以外のものを渡す準備もしておいたほうがいいでしょう。

バレンタインで上司に渡すチョコの相場とは?

バレンタインチョコを渡すのが恒例になっているという職場も多いと思われますが、相場はどの程度になるのでしょうか。家族や恋人ではなく、上司のバレンタインチョコ選びは悩んでしまいますよね。日頃の感謝の気持ちを込めるためには、どのくらいの相場のバレンタインチョコを渡せばいいのでしょう。

上司に渡すバレンタインチョコの相場は500~1,000円

上司に渡すバレンタインチョコの相場は、独自調査によると500~1,000円が一般的です。500円未満だと包装が簡素だったりと高級感に欠けますが、500~1,000円未満になると見た目的にも選択肢が広がります。男性の上司が多い職場だと、ひとり1,000円以上になると負担も大きくなります。女性が買いやすく見た目もよいバレンタインチョコとなると、500~1,000円のものがちょうどいいといえます。

高すぎるチョコは上司の負担になる!

日本では、ホワイトデーに、バレンタインでもらった物の価格より高いものを返すといった慣例があります。なので複数人から高いチョコをもらってしまうと、そのお返しをする上司の負担はかなり大きなものになります。バレンタインは日頃の感謝をちょっとしたプレゼントを添えて伝える機会ととらえておきましょう。

上司に渡すバレンタインチョコの相場は500~1,000円

いかがでしたか。上司に渡すバレンタインチョコの相場についてご紹介してきました。上司へのバレンタインチョコの相場は、独自調査によると500~1,000円です。日頃なかなか感謝の気持ちを伝えられないという女性職員の方は、この機会に感謝の気持ちを込めてバレンタインチョコをプレゼントしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム