事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2019年08月07日(水) 更新

インフルエンザで休んだら?欠勤が有給扱いになる可能性

インフルエンザで休む時の判断

インフルエンザになった場合、会社に伝えると、基本的にはどこも休むようにと言われるでしょう。会社によっては、インフルエンザで休む場合に、医師からの診断書を出すように、と言われるところもあります。

ただ、職場に感染が広がる恐れがあるので、そういったものを必要とせずとも、休むようにと言われる職場も多くあります。

いつまで休むべきか?は会社と相談

インフルエンザになっても、症状が治まったからと安心して仕事に行っていいわけではありません。たまに、マスクをして会社に来る人がいますが、それは、大きな間違いです。

休むべき期間については、会社と相談しましょう。会社によっては、5日ではなく、1週間と定めているところもありますし、インフルエンザになった場合の指針というのが定められていたりするからです。また、そういった際に、インフルエンザが、有給扱いとするかどうかも、きちんと明記されている場合もあります。

インフルエンザで休んだ日数は有給?無給?

ここで気になるのが、休んだ期間が有給になるのかどうかということです。もし、あなたに有給の残りがあるのであれば、自動的に有給を使わせてもらえるというのが、一番一般的な形となるでしょう。

ただ、心配であるようだったら、休むと伝えた後に、会社に確認をしてみるのがよいでしょう。

インフルエンザでの休みが有休か無休かは、会社の規定により変わる

有給となるかどうかは、人事などに問い合わせることになる場合もあります。先程も述べたように、会社によっては、インフルエンザを社員が発症した際の規定などを定めているところもあるからです。

とくに、営業をするような会社であれば、対外的な悪い影響となりますので、そういったところもきちんとケアするために、休ませるよう規定しているところもあります。

インフルエンザでも会社から言われて休むのだから有給では?

インフルエンザなので会社から休むように言われても、もし有給の残りがなかった場合はどうなるでしょうか。会社から言われて休むのだから、たとえ有給の残がなくても、有給としてもらいたい、と思うかもしれません。

しかし、インフルエンザになったのは、会社の責任ではありませんので、無給扱いとなるのが一般的です。

無給になるが、欠勤にはならない可能性が高い

インフルエンザなので会社から休むように言われて休むとしても、「使用者の責に帰すべき事由による休業」には該当しないので、無給となるのです。インフルエンザはそれには該当しないと考えられるます。

なので、会社としては手当を支払う必要はないのです。ただ、それでも、有給の残りがなく欠勤扱いとはされないというのが一般的ですので、心配な場合は確認をしてみましょう。

インフルエンザで仕事を休んだ場合は有給が適用されることもあるが基本は無給

インフルエンザで仕事を休んでも有給になる可能性について、紹介してきましたがいかがでしたか?
インフルエンザにかかったら、仕事に行きたくても休まなければなりません。インフルエンザで仕事を休んでも、有給の残りがあれば、基本的には有給消化としてくれるところが多いようです。ただ、会社によっては医者の診断書を必要されるところもありますので、そこはきちんと確認をするように注意をしてください。
インフルエンザにかかったらゆっくり安静にして、万全な状態で仕事に復帰しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム