2018年02月01日(木) 更新

風邪で仕事の迷惑をかけない休み方

風邪ひいた位で休めるか!

社会人ともなると、決められた休日以外で休むという機会は少なくなります。学生の頃は元気な時ですら、ズル休みをしたこともあったのに、会社勤めを始めたら、まるで人が変わったかのように決まった休日以外で休むことに罪悪感を感じている人も多いはずです。

風邪くらいで休めるか、と多少の熱や咳、喉の痛み程度なら出社している人も多いようです。休むことで同僚や上司に迷惑がかかるというのが大きな要因です。

風邪に対する社会の反応

そもそも、風邪によらず、体調を崩して会社を休むというのは、「社会人としての自覚が足りない」、「体調管理もできないなんて…」、と考える傾向が日本の社会にはあります。そのため、体調不良を隠して出勤して対面を保とうとすることも出てくるわけです。

迷惑をかけない休み方は!?

風邪を引いて、会社を休まなくてはいけない時は、潔く休みましょう。もちろん、それがわかった時点ですぐに会社に連絡を取って、休むことを告げます。

会社に休む連絡をした際に、上司や同じ仕事に取り組んでいる同僚などと話ができるなら、一言謝罪と事情を告げておきましょう。必要な連絡事項もその時に済ませておくとよいでしょう。

急ぎの仕事の引き継ぎをしておく

自分が仕事を休んで、迷惑にならない休み方としては、急ぎの仕事、さらに重要な仕事を抱えて休むことになったら、必ず上司の支持を仰ぐことです。偶然電話を受けた社員に休みを告げただけでは、周囲への迷惑は測りしれません。
特に外部の人と約束がある場合には、早急に対応してもらう必要があります。

こうしたハプニングにも慌てず、被害を最小限にとどめるために、普段からの情報共有はもちろんですが、資料やデータなどをわかりやすく整理しておくことも大事です。

そして治ったら、真っ先に仕事をカバーしてくれた人たちに心からお礼を言います。普段からのコミュニケーションができていれば、多少の迷惑は許してもらえるはずです。

風邪をひいても働きたい時には

風邪をひいていたとして、それでも無理して会社に出る場合、ほかの人への配慮はできているでしょうか。風邪の中には元気な人にはうつりにくいものもありますが、それでも周囲のみんなに移す可能性はあります。

マスクやうがいなどで周りにうつさない努力を

みんなにうつさないためにも休んで治すという選択肢を選ぶことも時と場合によっては必要です。また、フラフラなのに、無理して会社に行くことは、「頑張り」ではなく、「無茶」です。そんな状態で仕事がはかどるのでしょうか。余計な失敗をして迷惑をかけるのと、休んで迷惑をかけるの、どちらを選びますか?

どうしても働きたい場合は、みんなにうつさないように薬を飲み、マスクをつけて、手洗いうがいを行い、余計な心配をかけないようにしたり気を付けましましょう。

風邪で仕事の迷惑をかけない休み方はしっかりと引継ぎをしておくこと

風邪で仕事の迷惑をかけない休み方について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
風邪をひいてしまうのは、仕方のないことです。しかし、風邪で働く場合も、仕事を休む場合も、社会人としてきちんと対応をして会社に迷惑をかけないように努力することは最低限必要なことです。
特に一緒に仕事をしている人たちへのカバーをきちんとすることで、責任を果たし、かける迷惑を最小限にとどめ、人間関係を良い状態に保つことは最優先課題なので意識行いましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム