2016年11月29日(火) 更新

パートが賃上げ交渉をして時給アップを狙うコツ

賃上げ交渉には仕事量がカギ!

パート労働者は異動や転勤もなく、同じ部署内で仕事をすることがほとんどです。
長い間同じ部署で仕事を続けることにより、段々と細かい責任のある作業を任せられるようになってきます。
仕事に対する知識も、新入社員より豊富であることが多く、部署によっては「なくてはならない存在」になっていることもあるのです。

契約当初と今の仕事量をまとめて証明

最初に契約をした時点で任された職務よりも、明らかに作業量が増え、「時間外労働なしに終わらない」という状態になったり、研修に参加して新たな知識を身につける義務が生じた場合などは、明らかにスキルアップの対象となります。

当初よりもどれだけ自分の業務がレベルアップしたか、作業量が増えたかを証明できるように、レポートをまとめておくことにより、賃金交渉がしやすくなります。

「有益な存在」であれば賃上げ交渉が可能に!

賃上げ交渉で時給をアップさせるコツとして、まずは企業にとってあなたが「有益な人材であること」と「タイミングをはかること」にあります。しっかりと今の部署で自分の存在をアピールして、賃上げ交渉のタイミングをはかりましょう。

契約延長のタイミングを逃さないこと

パート労働者は、最初に契約期間を明示されますので、しっかりと覚えておきましょう。
賃上げ交渉で時給アップができるチャンスは契約更新時となります。
そこで自分の能力をアピールし、「有益な存在である」と認識させた上で、「もう少し時給上げて貰えれば是非更新したい」という旨を伝えると良いでしょう。
会社としても必要な人材ならば、多少時給をアップしてでも更新したいと思ってくれるはずです。

他のパートと連携すると賃上げ交渉に有利!

パートの時給というのは他の人には秘密にしておきたいものですが、より良い待遇を希望するならば、パート仲間で連携することも大切です。
自分の時給が他のパートに比べて極端に低くないか、世間一般のパート労働者に比べてどの程度なのか、相場を知っておくと良いでしょう。

労働組合はパートの賃上げ交渉もしてくれる

会社に労働組合があれば、加入しておくことでパートの賃上げ交渉で時給アップの可能性があります。
もちろん正社員同様に組合費を支払って加入する必要がありますが、一度加入しておくと、給与面だけではなく、その他の福利厚生についても交渉してくれる可能性があります。

パートが賃上げ交渉で時給をアップさせるには自身が有益な存在だと証明しよう

パート労働者が賃上げ交渉で時給をアップさせるコツについてするコツまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
パーとは、正社員のように保険や組合などに守られた立場ではありませんが、「休暇が取りやすい」「退職しやすい」などのメリットもあります。
そういった保証の少ないパート労働者にとって、時給の大小は大きな問題です。会社にとって「なくてはならない存在」といえるほどのスキルを持っているのであれば、賃上げ交渉くらいはしてもいいように思います。
ここで挙げた『賃上げ交渉をするコツ』を参考に、ぜひ時給アップの交渉をしてみてください。
パート労働者の賃上げ交渉は、コツさえつかんでしまえば可能なのです!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム