2018年02月01日(木) 更新

忘年会に適切な服装の選び方とコーディネート術

忘年会に相応しくない服装とは

会社の行事である忘年会はにおいて、カジュアルすぎる服装は不適切です。
上司と一緒に食事をするので、あまりカジュアルすぎる服装だと失礼に値します。男女問わず、出来るだけキレイめなコーディネートで行くべきでしょう。

アクセサリーや靴に注意

ジャラジャラとしたアクセサリーを付けていたり、ドクロのシンボルのアクセサリーなど、社会人の行事に出席するのに相応しく無い物も控えてください。プライベートでは良いですが、忘年会などでは身につけないようにしましょう。

靴もしっかり磨いておいて、黄ばんだり汚れたりしている白のスニーカーなどでの出席するは避けましょう。また、たとえ暗い色の革靴でも、磨いておかなければ光の反射で汚れが目立つので気を付けてください。オシャレは足元からといいますが、マナーにおいても足元は大事なのです。

開催場所に合わせて服装を決めよう

忘年会の開催場所は様々です。例として飲み屋や焼肉屋などカジュアルな場所や、ホテルや料亭などフォーマルな場所が挙げられます。それぞれの開催場所に合わせて、相応しい服装でコーディネートしなければいけません。

例えば、カジュアルな場所で行われるのにも関わらず、スーツに近い格好で出席してしまうと逆に浮いてしまいます。そういった事態を防ぐためにも、TPOに合わせた服装が求められるのです。

フォーマルな場所の場合

ホテルや料亭で開催される場合は、パーティスタイルで出席すると良いでしょう。立食パーティであれば、タキシードやワンピースでの出席が妥当といえます。
しかし、これは相当格式が高い場合です。そこまで格式の高くないホテルや料亭でならば、スラックスなどで、キレイめなコーディネートを意識してください。コーディネートする際には、同僚などと相談しておくと浮かずにすみます。

忘年会への参加に使える妥当なコーディネート

一般的な料亭で開催される場合は、男性ならばスラックスに襟付きシャツにジャケットを羽織りましょう。
大概の場所は、このコーディネートで乗り切れます。女性の場合はワンピースを着ることで、どういった場所でも雰囲気に合った服装になります。

服装の色使いにも注意

忘年会に参加する際に着る服は、あまり明るすぎない物を選びましょう。ただの飲み会ではないので、あまりにも明るい色の服装を取り入れるのはマナー違反です。

基本的にはモノトーンでコーディネートをすることが大切ですが、男性であればベージュで女性であれば淡いピンクなど落ち着いた色も使用できます。女性であれば、淡いピンクのワンピースで女性らしさをアピールすることも大切です。

忘年会の服装は会場に合わせて選ぶのがマナー

忘年会に参加する際に服装に迷う場合は、他の参加者に服装を尋ねてみましょう。自分がキレイめなコーディネートを考えていても、他の参加者が、カジュアルなコーディネートで出席するのであれば合わせましょう。
忘年会の参加概要に服装についても、記載されている場合があるので、その場合は記載内容を最優先にすることがマナーです。

関連コラム