2016年11月29日(火) 更新

忘年会の接待後に出すお礼メールの書き方【例文あり】

忘年会の接待後にお礼メールを出す適切なタイミング

年末の忘年会・社内の忘年会だけではなく、社外の方を招待して接待として忘年会をする場合もあるかと思います。そのような接待として忘年会を行った場合は、場所の手配から、案内、そして手土産と、やる事も多く幹事は大変です。そしてその中でも、忘れてはいけないのが、接待後に社外の方へ忘年会のお礼メールを送ることです。

接待後に社外の方へお礼メールを送るタイミングは忘年会の翌日

社外の方に忘年会に参加していただいたという事に対して、きちんと御礼の気持ちを忘年会のお礼メールで伝えるのが大切です。ですので、社外の方を忘年会で接待した翌日の午前中には、早く忘年会のお礼メールを書くようにしましょう。師走という多忙の中、わざわざ時間を割いて忘年会に参加してもらえた事への感謝を、御礼として忘年会のお礼メールで伝えるのが大切です。

社外の方へ送る忘年会の御礼メールの書き方

社外の方への御礼状といっても、特に堅苦しく考える必要はありません。はがきや書面で出すような、かしこまったテンプレートを使用する人もいますが、それだと逆に不自然に見えてしまう場合もあるでしょう。そうではなく、自分らしい御礼の伝え方で忘年会へ参加してくれた社外の方へ、忘年会のお礼メールで送るほうがよいといえます。

御礼メールでは具体的な言葉をそえる

特に、社外の方へ送る接待後の御礼メールを書く場合には、具体的な内容を添えるとよいでしょう。忘年会へ参加してくれた社外の方にも、忘年会に参加してくれて楽しかったというのを、伝えられるようなエピソードなどを載せるとよいでしょう。会社のメンバーがこのような感想を言っていました、というような形での褒め言葉をそえて忘年会のお礼メールを作成してみましょう。

社外の方へ送る忘年会の御礼メールの例文

社外の方へ接待後に送る、忘年会のお礼メールというのは、なかなか御礼メールを書き慣れていなと進まないものです。しかし、時間をかけるよりも、できるだけ早く御礼の気持ちを伝えたいものです。感謝の気持ちを率直にあらわせるよう、以下に紹介する、忘年会のお礼メールの例文を参考としてみてください。

忘年会のお礼メール例文:忘年会での話題にふれるのも◎

「例文」
いつも大変お世話になっております。昨日はご多忙の中にもかかわらず、私どもの忘年会にお越し下さり誠に有難うございました。

○○部長(役職)にお越し頂けて、とても楽しい忘年会となりました。弊社のメンバー一同、○○部長様のカラオケでの歌声には、聞き惚れてしまいました。メールで大変恐縮ですが、取り急ぎ御礼申し上げます。寒くなって参りますのでお体どうかご自愛くださいませ。
敬具

以上のように、接待後に社外の方へ送る忘年会のお礼メールには、忘年会での出来事を交えて御礼を伝えるのも良いです。ぜひ、忘年会での接待後に、社外の方へ送る御礼メールはこのようにして送ってみてください。

忘年会のお礼メールは具体的な言葉で感謝を述べ接待後の翌日には送りましょう

忘年会の接待後に社外の方へ、お礼メールを出すタイミングと書き方、そして例文を紹介してきましたがいかがでしたか?

忘年会のお礼メールのポイントは、ふたつです。まずは、忘年会の接待後の翌日には必ず送る。そしてもうひとつは、御礼は素直に書く事です。社外の方へ参加していただけてよかったという、感謝の気持ちを持って、忘年会のお礼メールを書くようにしましょう。そうすれば、おのずと忘年会のお礼メールの文章もかけてくるはずです。

関連コラム