2018年02月02日(金) 更新

【忘年会でのスピーチ例あり】上司の挨拶をする際に押さえるポイント

忘年会の挨拶

忘年会につきものなのが、挨拶です。乾杯の前に、上司の方に挨拶をしてもらう、というのが、定番となります。この挨拶で、忘年会がスタートしますので、ぜひ、気持ちのよい挨拶をしたいものです。

忘年会における上司の挨拶のポイント

忘年会は一年間の労をねぎらう会でもありますので、部下や社員へあたたかい言葉を伝えることが基本です。乾杯の挨拶でその後の雰囲気が左右されることもありますので、快適なムードを作るつもりで話す必要があります。

乾杯の挨拶は短いものと長いものがありますが、いずれにせよお酒を前にしているのでだらだらと話すことはよくありません。一年の振り返りと来年に向けての一言を簡潔にまとめて話すと良いでしょう。

短い場合の上司の挨拶

忘年会で挨拶をするといっても、乾杯の音頭程度であれば、堅苦しく考えなくて大丈夫です。一年間の苦労をねぎらい、乾杯!と言うだけでも十分なのです。実際、乾杯の前の挨拶であれば、短い方が好感も高くなります。

上司の乾杯の挨拶例

「今年も、一年間お世話になりました。今年もあとわずかですが、今日は思いっきり楽しんでください。また新年も頑張りましょう。」

「皆さん、今年も本当にお疲れさまでした。今年もあとわずかとなりましたが、来年のさらなる飛躍のために、今夜は思いっきり楽しみましょう!乾杯!」

「今年もいろいろお世話になりました。おかげで無事に部の目標を達成することができました。来年も力を合わせて頑張って行きましょう。乾杯!」

「皆さん、一年間お疲れさまでした。また、来期もがんばりましょう。乾杯。」

長い場合の上司の挨拶

もうちょっとかしこまった忘年会での場合は、1分程度のスピーチとしての挨拶を頼まれる場合もあります。こういったときも、上司からのねぎらいの言葉と、お礼の言葉、そして来期に向けてのエールというのを、盛り込んだ内容にしましょう。

スピーチとしての上司の挨拶例

「みなさん、今年もお疲れ様でした。今年は年明けから○○、■■、△△など、当社にとって逆風が続きました。こういった厳しい環境の中、全員が一丸となって本当に良くがんばってくれたと思います。本当にありがとうございました。

来期もすぐには環境がよくなるとは言えないでしょうが、みなさんのがんばりが実ると信じています。それでは、今夜は仕事のことは忘れて、大いに飲んで食べて楽しんで日頃の疲れを癒して下さい。

それでは乾杯の音頭を取らせて頂きます。今年一年の皆さんのご功労に感謝し、更なる発展を祈念いたしまして、乾杯!」

忘年会の挨拶は、上司の腕のみせどころ !

忘年会の挨拶は、上司の腕のみせどころでもあります。一年間、部下が頑張っていたということを、きちんと見ていた、そして分かっている、ということを、伝える場でもあります。
また、この忘年会で、来期へのモチベーションにつなげたいところです。ぜひ、暖かい言葉で上司からの挨拶をして欲しいと思います。

関連コラム