2018年02月15日(木) 更新

出向?左遷?栄転?転勤の詳細を判断する方法

「栄転」と「左遷」の判断方法は?

栄転と左遷に関しては、自分や周りの人が判断します。辞令には転勤を命じる旨しか記されていません。周りから栄転だと言われていても、実際に中身を確認すると左遷である場合もあります。まずは、転勤先の実態や将来のビジョンを探って、その転勤の真意を探りましょう。

出世を伴うなら栄転、降格や給与ダウンなら左遷

転勤に伴って昇格や降格が生じているのなら、それが栄転か左遷か判断できます。出世を伴うものなら栄転で、降格や給与ダウンを伴う転勤なら左遷です。

自分にとって良いなら「栄転」、悪いなら「左遷」

栄転だとしても自分が行きたくない場所なら本当に「栄転」なのか、また反対に左遷だとしても自分の待望していた条件なら「栄転」と呼べなくもない、そういう考え方も間違いではないのでしょうか。

左遷や栄転は評価の入った言葉です。では誰が評価するのか、誰の評価を自分の価値として受け入れなければならないかという話です。自分の価値観の判断方法もまた転勤が「栄転」なのか「左遷」なのかを判断する基準として認められるべきではないでしょうか。

内容は「左遷」でも、将来的に出世なら「栄転」

今回の転勤の内容は左遷であっても、数年間勤務することで栄転させることを約束してもらえる場合があります。しかし、これは口約束であることがほとんどなので、実際に栄転させてくれない場合もあります。ある程度信用できるのであれば、将来的な出世が約束されている転勤は、左遷ではなく栄転となります。

「出向」と「左遷」の判断方法は?

出向は親会社から子会社に転勤となることです。出向の名目上は、親会社から子会社へ指導しに行くということですが、実際には左遷という形で転勤になる場合もあります。邪魔者を子会社に転勤させて、親会社の人事異動を円滑にする目的の出向もあります。

出向を命じられた際には階級や給与水準を確認するのは当然ですが、話はそれほど簡単ではありません。ここでは出向をめぐり、給与とは別の判断方法を見てみましょう。

あとで親会社に戻れるなら「出向」、戻れないなら「左遷」

定年退職後に新たに働き口を与えるために、子会社に就職口を作る場合があります。定年退職後も働きたい人にとってこのタイプの出向は、非常にありがたい制度です。また、定年退職前に出向することになった場合は、数年後に親会社に戻る約束をする場合があります。

転勤が出向・左遷・栄転のどれなのかは本人の受け取り方次第!

出向・左遷・栄転といった転勤は給料や主観など一口には言えませんが、どうあれ最終的に自分がそれをどうポジティブに捉える契機にするかという話に終わると思います。本人の受け取り方次第なのです。

なお今回の転勤が、出向か栄転か左遷のどれに当るのかを知っておくことで、転勤先での仕事をスムーズに始められます。心の準備も必要になるので、転勤の内容を見て判断しておきましょう。また、それから実際に転勤する日までの行動を決めることが大切です。それぞれの場合に応じて、転勤先での挨拶の内容や、仕事の準備は異なってきます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム