2017年01月16日(月) 更新

引っ越し時に贈るお餞別での適切な金額相場

身近な方の引っ越しにはお餞別が必要

親族や友人、或いは会社の同僚など身近な方が引っ越しをする際には、お餞別という形で現金を渡すのが一般的です。引っ越しは、多額の費用が掛かるとても大変な作業なので、労いの気持ちを少しでも伝えるため、お餞別という形で現金を贈ることで、引っ越しをする人の負担を軽減することができます。

そのため、大切な存在であったり重要な存在な方の引っ越しの時ほど、お餞別を必ず贈るようにしたいものです。

お餞別を贈る際の金額は適正に

お餞別は、出来る限り贈った方が良いとはいえ、実際に贈る際には中に包む金額に留意する必要があります。
一見すると、多く贈った方が相手に喜ばれると思われがちですが、あまりにも高額すぎると、逆に相手の方との関係がぎくしゃくしてしまう危険性があるので、あくまでも適正な金額を贈ることが重要なんです。

お餞別の金額相場はいくら?

引っ越しの際に贈るお餞別については、実は相場と言われるものが少なからず存在しています。ただし、相場については一定額というわけではなく、相手の方との間柄であったり、相手の方の好みなどに応じて可変させる事が重要なのです。あくまでも気持ちを物品に変えて贈る行為ですから、この点にしっかりと留意するようにしましょう。

同僚や知人なら5,000円から1万円が相場!家族や親族なら3万円から5万円程度

実際のお餞別の相場についてですが、例えば勤め先の同僚などに贈る際には、およそ5,000円から1万円程度が相場と言われています。また、ご家族や親族が引っ越しをされる際には、3万円から5万円程度のお餞別を贈ると良いとされています。特に、親族などに贈る場合にはお餞別ではなく祝いとして贈る場合もあるので、やや高額になる傾向にあるようです。

目上の人にはお餞別ではなく「おはなむけ」として渡す!現金よりも商品券が良い

注意したいのは、目上の人に個人でお餞別を渡す、お餞別として現金を渡すのはマナー違反になる点です。個人で目上の人にお餞別を渡したい場合は、「おはなむけ」として渡しましょう。現金ではなく、どこでも使える商品券や品物を渡すのが無難です。

引っ越しのお餞別は現金じゃなくてもOK

引っ越しをされる方に手渡すお餞別といえば、一般的には現金が常だと思われがちですが、実は、現金では無く物品で贈る事も構いません。
例えば、引っ越し先で役立つアイテムなどを贈ると、現金を贈った時以上に相手の方に喜ばれる場合もあります。

物品を贈る場合は欲しい物を事前に尋ねよう

現金ではなく物品をお餞別として贈る場合に問題となるのが、贈る品物が相手の方の喜ぶ物であるかどうかという点です。こういった問題を回避するために有効なのが、事前に相手の方の欲しい物や好みを聞いて、それに併せて選ぶという方法です。

最近ではカタログギフトのように、商品を相手の方が選べるスタイルも人気なので、こうした方法を選ぶと良いでしょう。この場合の相場についても、現金を贈る場合の相場と同じ金額を目安にした上で選ぶと喜ばれます。

お餞別の贈り物として人気が高いのは「商品券・ギフト券」

現金以外のお餞別として人気が高いのが、商品券です。「お餞別で商品券やギフト券はそっけない」という意見もありますが、かさばらないので引っ越し当日にもらっても邪魔にならないですし、実用性が高い点は魅力的です。贈る相手の買い物スタイルによって、商品券やギフト券、クオカードなど、どういったものを贈るか決めるといいですね。

喜ばれないお餞別の品物とは

逆に贈ると迷惑になってしまうのは、

・かさばる物(引っ越し当日に渡される)
・好みに左右されるインテリアグッズ
・賞味期限の短い食べ物

などです。かさばる物を贈るなら、引っ越し当日は避けましょう。
大げさになりすぎないお餞別として、相手に子どもがいれば、子どもが好きなキャラクターグッズを贈るのもアリです。ハンカチや文房具など、高価なものでなくて構いません。

引っ越しの際に贈るお餞別は金額相場内で現金か相手が喜ぶ品を選ぼう!

大変負担のかかる引っ越しを労う気持ちで贈る物だからこそ、お餞別には適切な相場を理解した上で贈るようにしましょう。
現金も喜ばれる他、相手の方が求めている物品を送ることでも労いの気持ちを伝えることができるので、適切な相場を前提にお餞別を贈り、相手の方との関係をより良好な物にしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム