事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

本社勤務は栄転とは限らない!?異動人事の見極め方

本社勤務は本当に栄転なのか?

会社によっては、本社勤務にしか存在しない一部の役職があります。そういった役職への異動であれば、給与の大幅アップも見込めるので栄転と言えるでしょう。
しかし、支社勤務と本社勤務で業務内容に差が無いケースにおいて、同じ様な仕事を任せられ、給料はアップせずに仕事量だけが増えるという場合もあります。

本社勤務が大きなプレッシャーになる

また本社勤務になると、一般的には「栄転」とみなされるため、あらゆる会社の高い地位の人物から見られることになります。本社勤務という栄転が大きなプレッシャーにつながることも。

本社勤務が栄転になるのか本社の社員に話を聞いて判断しよう

本社勤務が栄転になるのか、気になるのであれば本社の社員に話を聞いて判断しましょう。
本社の社員と関わりを持っているのなら、日々の仕事や上司の雰囲気を聞いておきましょう。支社は和気あいあいと仕事をしていても、本社に限っては非常に厳格な雰囲気で仕事をしている場合もあるのです。また、店舗運営の仕事であれば、毎日社長が順店に来たりと、支店での勤務では考えられなかったことに耐える必要も出てきます。

本社が地方に移転する場合は栄転とは言えない

本社の場所が変わる場合があります。東京から北海道への移転など、非常に距離が離れるケースも。その際には、多くの本部社員が退職する可能性があるため、転居による人材不足の穴埋めとして異動にされた可能性もあります。
本社への転勤でも、今までと同じ役職であれば、栄転とは考えられないので注意してください。

今後本社の移転予定が無いか注意!

本社が移転していなくても、今後移転する可能性があります。移転する前に、人員を増加させておけば、移転後のバタバタした時期に退職者が出ても人材不足に陥らなくなります。その補助要員として本社への転勤を命じられた可能性もあります。必ず、今後の本社の移転の予定が無いか注意しておきましょう。

本社勤務になると知りたくなかった事情を知る

本社は全ての営業所を統括するので、店舗の業務に関わるあらゆる準備を行っています。本社で仕事をしているうちに知りたくない事情を知ってしまう可能性があります。営業所の社員が必死でこなしていた業務に対して、それを乱雑に処理していたり、店舗の社員に不利益をもたらす行動をしている可能性もあります。

本社で昇進すれば「会社の悪いところ」を改善できる

本社勤務によって、あらゆる不都合が起こる可能性があります。営業所とはやり方が全く違うため、自分がやっている仕事に対して違和感や疑問が生まれる可能性があります。
しかし、本社で昇進すれば、本社のやり方を変えることも可能です。そこまで上り詰めれば栄転と考えられるでしょう。

本社への勤務を栄転と考えるかはどうかは自分次第

本社勤務は栄転とは限らないのか、異動人事の見極め方について説明しました。
今まで営業所間での異動しかなかったのであれば、本社転勤によって自分を押し殺す可能性もあります。今までは、自分で考えて行動することを重視されていたのに、本社では言われたこと以外は手を出してはいけないという場合も。自分がしたいことができないことを知っておき、心の準備と注意をしておきましょう。栄転にするかどうかは、転勤後の自身の行動次第です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム