2017年01月16日(月) 更新

産休中の女性におすすめ!人気の資格ランキングTOP5

産休中の女性が資格を取得する理由

女性にとって資格とは、本当に必要なものなのでしょうか?
「資格なんて必要ない」とお考えの女性もおられるかもしれませんが、転職や就職に有利な資格を持っていたら、今とは違う別の人生を送っている可能性があるのです。

資格があれば就職が有利になり選択肢も広がる

今のご時世、深刻な経済不況ですので、大企業に勤めていても給料やボーナスカットは当たり前、安心してはいられない時代です。
自分の夫がリストラされて再就職先が見つからず、妻も働かなくてはならない状況も大いに考えられます。そんな時に資格があれば就職先の選択肢が広がります。
結婚していたとしても、夫の稼ぎだけでは生活していけなければ、専業主婦も働かなくてはいけませんし、それは子供がいても同じです。育児に時間を割かれますが、生活費が足りなければ子育て中でも働く必要が出てくるのです。
こういった観点からみても、産休後の女性が社会復帰するために産休中に資格を取得しておけば、有利になってくれる可能性も十分あり得るのです。

産休中の女性に人気の資格ランキング

稼げる資格、就職に強い資格、資格の難易度など、総合的かつ独自に調査した女性人気資格ランキングを紹介します。
産休中から資格取得をしたいけど、 どの資格を取得しようか迷っている人は是非参考にして下さい。

産休中に取りたい!おすすめ資格ランキング

1位 マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)Excel
2位 マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)PowerPoint
3位 ファインナンシャルプランナー
4位 宅建
5位 簿記

1位、2位のマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)のExcelやPowerPointは、資格取得することにも意味はありますが、資格試験に向けて勉強することそのものに意味があります。なぜなら入社後すぐに比較的すぐに仕事を頼めるからです。産休後はしばらく勤めに出られない人にも人気があるおすすめの資格です。

3位のファイナンシャルプランナーは安定した収入を得られる上に、やり方によっては高収入を得られるといった期待も出来ます。

4位の宅建は不動産以外でも様々な業界で活躍できる汎用性の広い資格であり、資格手当対象となっているので資格があるだけで年収アップも望めるのでおすすめです。

5位の簿記は幅広い年齢層から支持される根強い人気がある資格。専業主婦が社会復帰するのに取得するケースが多いようです。

産休中に取得する資格は産後のライフスタイルに合わせて選ぼう

上記で紹介している資格を活かせる仕事は事務職が基本となりますが、女性が産休後にどんな働き方をしたいかによって、取得するべき資格は変わります。あなたがどのような働き方をしたいのかをよく考えて、取得する資格を選びましょう。

ここまで産休中の女性におすすめの資格ランキングを紹介しましたが、昔に比べると結婚や出産をしても働き続ける女性が増えました。産休中に、在宅ワークやキャリアアップのために資格取得を目指す女性も増え続けています。経済状況が不安定な現代でも、資格があれば就職先の選択肢が広がります。

おすすめの資格ランキングを参考に、ご自分のライフスタイルに合った資格を産休中に取得してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム