事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年03月09日(木) 更新

社員旅行に行きたくない場合の華麗な断り方4つ

そもそも社員旅行は必要なのか

「社員旅行はそもそも必要なのか?」と考えている人も多いのではないでしょうか。
社員旅行は、会社以外の場所でも上司や同僚、部下などと顔を合わせなくてはいけない上、気を遣い、気を遣われながらの旅行になるかもしれません。そのような社員旅行は、普通めんどくさいと感じて行きたくないと考えるのが自然でしょう。
旅行は、友人や家族と好きな場所に行くからこそ楽しいと考えている人も多いようです。

社員旅行は仕事の延長

親睦を深めるためと言っているけれど、実際のところ、社員旅行は仕事の一環でしょう。社員旅行を喜ぶのは、世話をやいてもらえて大きな顔が出来る上司だけじゃないでしょうか。
めんどくさいから行きたくないと感じていても、社員旅行を逃れるすべがないなら、自分なりに楽しまないと損した気分になってしまいます。

めんどくさい社員旅行を欠席するための口実

社員旅行は会社の行事として設けられているため、行きたくない場合でも「その日に予定がある」というだけでは断れません。
余程、大事な予定を口実として提示するのが重要です。冠婚葬祭であれば断るのも可能ですが、結婚式の場合は難しいです。親友の結婚式がある事を口実として強調し、どうしても出席したい旨を前面に出して伝えましょう。そうする事で社員旅行を欠席できる可能性があります。

社員旅行の断り方①体調不良

事前に欠席する旨を伝えることが難しい場合は、当日になって体調不良を口実に訴えて断りましょう。数日間に及ぶ社員旅行の場合は、多少の体調不良でも後から悪化してしまう可能性があります。そのため、体調不良を訴えれば無理に引き止められずにスムーズに欠席できる可能性が高いです。当日のキャンセル料がかかってしまうのは仕方のないこととあきらめるしかありません。

社員旅行の断り方②冠婚葬祭

社員旅行の日に、友人又は親戚の大事な結婚式がある、又は親戚の法事があるなども断る理由として有効でしょう。
また会社で資格取得を必須とされている場合であれば、大事な資格試験があるというのも断る理由として有効でしょう。

毎年続けて社員旅行を断る場合の口実

社員旅行をめんどくさいと感じて欠席したい場合は、毎年口実を考えて欠席しなくてはなりません。しかし、どの様な口実であっても数回に渡って欠席を繰り返せば、欠席理由が嘘であることを疑われてしまいます。毎年続いて欠席したい場合には、社員旅行に行けない口実をしっかりと練って作ることが大切です。

毎年の社員旅行を断る方法①バス酔いが酷い

毎年続いて社員旅行を欠席する場合の口実としては、バス酔いが酷いために社員旅行に行けないことを伝えましょう。
電車での移動であっても、長距離は乗っていられないことを伝えるのが大切です。そもそも長距離移動が難しい口実を作れば、どのような交通手段の社員旅行であっても断れます。

毎年の社員旅行を断る方法②正直に嫌だと伝える

協調性がないと思われかねませんが、諦めて堂々と自分がなぜ社員旅行に行きたくないか伝えるというのも一つの手でしょう。
正直に社員旅行のこういう部分が嫌だ、団体行動が苦手だ、と伝える事で「この人は社員旅行が嫌なんだな」と思ってもらえます。
ただし、このような断り方をする場合は、周りから評価が下がってしまうという事は覚悟しておいてください

社員旅行に行きたくない時は残念だと装った断り方をしよう

社員旅行は慰安を目的とされているので、参加するかどうかは自由です。しかし、社員旅行を断るのは非常に難しいです。めんどくさい為に強硬手段を取った断り方をしてしまえば、今後の会社での評価にも関わります。必ず上司と同僚に納得してもらえるような断る理由を見つけ、あくまでも欠席することになって残念だと思ってもらう事がポイントです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム