2017年06月29日(木) 更新

アルバイトの面接に相応しい服装の選び方【男女別】

アルバイトの面接に行く時の服装マナー

アルバイトの面接に行く時、どのような服装で行けばいいのか悩みますよね。どうせアルバイトだから、とラフすぎる服装で面接に行くのは、面接担当者に失礼ですし、マナー違反になります。
まずはアルバイトの面接に行く時の、基本的な服装マナーから説明しましょう。

アルバイトの面接は基本的には私服でOK

アルバイトの面接に行く際の服装は、基本的には私服で問題ありません。応募先から特に指定がなければ、私服で行きましょう。私服といってもラフすぎる服装はNG。面接担当者から「仕事を任せられる」と思われるためにも、カジュアルすぎる服装は避け、きちんとした印象を与える服を選んでください。

指定がある場合はそれに従う

応募先から指定がある場合は、その指定に従った服装を選んでください。例えば、スーツ着用と言われたらスーツを着て行かなければなりませんし、作業系のアルバイトだと動きやすい服装を指定されるケースもあります。

「スーツで来てください」と指定されて、ラフな私服で行くのはマナー違反。「動きやすい服装で来てください」と言われているのに、ストレッチの効かない服装で訪問するのもマナー違反になります。

「清潔感」のある服装が好印象

アルバイトの面接では、清潔感のある服装が好印象を与えます。アルバイトに限らず、面接では第一印象が重要です。第一印象で好感を持たれれば、採用される可能性が高くなります。

面接担当者は、質問の受け答えや態度だけでなく、服装や身なりからも応募者の人柄を判断します。そのため、担当者に信頼してもらうためには、まず身だしなみを整える必要があります。あまりにも場違いな格好で面接に行くと、「この人は他の従業員とトラブルを起こすのでは?」と思われてしまいます。

応募先や職種に合わせた服装を心がける

先ほど「あまりにも場違いな格好」と言いましたが、アルバイトの面接における場違いな格好とは、応募先や職種の雰囲気に合っていない服装を意味します。アルバイトの面接では、清潔感を意識しつつ、応募先や職種に合わせた服装を心がけましょう。 以下を参考にしてください。

ファミレスや居酒屋

飲食店のアルバイトの面接では、清潔感が第一。服装だけでなく、爪の長さや髪形にも気を遣ってください。男性の場合は髪の長さやヒゲに注意し、女性の場合はネイルやメイク、アクセサリーは控えめにすると好感を持たれます。

コンビニやスーパーなどの販売

上記と同じく食品を扱うため、やはり清潔感が重視されます。コンビニやスーパーの面接であれば、カジュアルな服装でも問題ないでしょう。キレイ目ならジーンズOKです。

アパレルショップ

応募先のショップの雰囲気に合う、かつトレンドと清潔感を意識した服装がベストです。カジュアルなブランドの面接なら、カジュアルな服装やジーンズもOKでしょう。

塾講師・家庭教師

スーツか私服か悩む人が多いですが、私服で問題ありません。ただし、スーツで授業を行っているようであれば、スーツか固めの服装を着て行きましょう。面接の前に確認しておくことをおすすめします。

アルバイトの面接におけるNGアイテム10選

アルバイトの面接に相応しくないのは、具体的にはどのような服装でしょうか?
極端な例を挙げると、スウェットやジャージなど部屋着のような服装、目が痛くなる色の服や奇抜なデザインの服装、露出が激しい服装は印象を悪くします。
その他、アルバイトの面接におけるNGアイテムは以下の通りです。

■革ジャン
■ダメージジーンズ
■派手なアクセサリー
■半そで
■ハーフパンツ
■サンダル
■ゴスロリ
■お姫様系
■ホスト風
■ヴィジュアルバンド系

極端に傾向がはっきりしている服装や、だらしないと思われるものは避けるのが無難ですね。襟付きのシャツやジーンズやスウェットではないパンツなど、清潔感や信頼感が感じられる服装がベストです。

マナーに反した服装だと即退室になるかも

アルバイトの面接とは、仕事を任せられるか、他の従業員と上手く関係を気づけるかが見られるところです。仕事をする上でマナーを守るのは当然であり、面接の時点でマナーが守れていない人を採用することはありません。

マナーに反した服装や身だしなみで面接に行った場合、即退室になる可能性もあります。面接に相応しくない服装は、遅刻や無断欠席同様のマナー違反と判断する面接担当者は少なくありません。

服装を選ぶ時は年齢も考慮しよう

服装を選ぶ時、自分の年齢も考慮してみましょう。例えば、高校生がOLのようなキレイ目なブランド物の服を着て面接に行くと、生意気と見られる可能性があります。逆に30代や40代の女性が、10代や20代の学生が着るような服装を着ても違和感があります。 服装にこだわりがあったり、逆に無頓着でも、面接では年相応な服装を心がけてください。

アルバイトの面接に相応しい服装:女性編

アルバイトの面接に相応しい女性の服装について具体的に紹介しましょう。女性の場合は服の種類の幅が広いため、何を着て行けばいいのか迷いがちです。どのような服装だと好印象を与えられるでしょうか?

ブラウス+スカートかパンツなどキレイ目な服装を

服装は、ブラウスにスカートあるいはパンツなど、キレイ目なものがベストです。
ワンピースも女性らしくていいですね。スカートの場合は、マナーとしてストッキングまたはタイツを履いておきましょう。
女性の場合、特に気をつけてほしいのは露出の高さです。露出の高い服装はNG、胸元の空いた服や足を露出するようなものは避けてください。
スカートやワンピースの丈は膝丈がちょうどいいでしょう。デニム生地などカジュアルな印象を与える生地ではないものを選んでください。カーディガンやジャケットを羽織るのもおすすめです。

靴は派手すぎないパンプス

靴は派手すぎないパンプスを履いていきましょう。アパレルショップの面接は別ですが、基本的に派手なデザインのパンプスや、ヒールが高いものは面接には向いていません。
応募先によってはスニーカーでも大丈夫です。つま先が出るような靴、サンダルは避けた方が無難です。季節によってはキレイ目のデザインのブーツでもOK。どの靴を履いていくとしても、汚れには気をつけてくださいね。

ナチュラルメイクで髪はすっきりとまとめる

メイクは清潔感のあるナチュラルメイク、髪はすっきりまとめると好印象を持たれます。明るい髪色がNGの職場もあるので、事前に確認しておきましょう。
アルバイトの応募先によっては、濃いメイクだと印象を下げてしまいます。基本的にはナチュラルメイクで、あとは応募先によって決めてください。はっきりした色の口紅や濃いチークなどは避けましょう。

アルバイトの面接に相応しい服装:男性編

アルバイトに相応しい男性の服装とは、どのような服装でしょうか?女性に比べると服装の種類の幅は広くはありませんが、服の生地によって印象が大きく変わります。具体的にどのような服装だと好感を持たれるでしょうか?

襟付きシャツ+綿パンツが基本

男性の場合、アルバイトの面接には襟付きシャツと綿パンツという服装が基本になります。応募先によってはジーンズでも問題はありませんが、カジュアルなデザインではなく、色が濃くキレイ目なものを選びましょう。
最近ではタイトなシルエットの服装が流行っていることもあり、だぼっとした服はだらしなく見えてしまいます。着て行く服のサイズ感で印象はだいぶ変わるので、気をつけてみてください。
ジャケットを羽織るのおすすめです。

靴は革靴かキレイ目のものを

男性がアルバイトの面接に履いていく靴は革靴がベスト。上述の服装に合いますし、きっちりした印象を与えます。面接の前には、革靴は汚れていないか、傷がついていないかをよく確認してください。応募先によってはスニーカーでも問題ありませんが、サンダルはやめましょう。

髪形の規定はないか事前に確認しておこう

男性は長髪NG、染髪NGというアルバイト先は少なくありません。アルバイトの面接に応募する前に、髪形に関する規定はないか確認してください。前髪は目にかからない長さ、清潔感ある髪形を意識しましょう。

アルバイトの面接では応募先の雰囲気に合った清潔感のある服装で好印象を狙う!

服装はその人の心を表すものであり、面接では採用不採用を判断する重要な要素となります。特にアルバイトの面接では、能力や経歴より人物像が重視されますので、その場の雰囲気と大きくズレていたり、非常識なファッションをしていたりすると、人格を疑われて落とされる原因になります。一緒に働きたいと思われる服装で面接に臨むようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム