2016年11月29日(火) 更新

転勤・異動先へお菓子などの手土産は持っていくべきかどうか

転勤・異動先の挨拶での手土産は「基本的には不要」

転勤先・異動先での勤務初日。最初が肝心とはよく言ったもので、できるだけ全員に挨拶の際に好印象をもってもらいたいですね。そこで、重要なのはお菓子などの手土産が何かではなく、挨拶です。

勤務先・異動先へのお菓子などの手土産は必要ない、と考える人が大半です。しかし、部長クラスなど、管理職になるとお菓子など手土産を持参する人もいるようで、もちろんお菓子などの手土産をもらって嫌な気分になる人もそういないでしょう。

転勤・異動先へ手土産を用意する際は気持ち程度の値段で

もし、転勤先・異動先にお菓子など手土産を用意する場合、一人ひとりにタオルやペンを手渡しするなど、やり過ぎはかえって妙な印象を与えます。転勤先や異動先の挨拶としての手土産の予算は1000円~3000円程度で、缶(箱)のクッキーなど、適度な量が入っているお菓子や、現在の勤務地に土地の名産品があれば、個別包装で日持ちする特産品、ジュースなどでもよいでしょう。

取引先や得意先への初回挨拶まわりには手土産を持って行く?

営業であれば、転勤などの異動後の引継ぎの際に前任者と共に取引先、得意先に挨拶まわりに出向くことでしょう。「これからどうぞよろしくお願いします」という挨拶に、お菓子などの手土産は必要なのでしょうか。

手土産を持参するかは前任者の指示を仰ぐ

転勤先・異動先得意先でまず初めに行う、挨拶周りのときにお菓子など手土産を持って行くかどうかは、自分で判断せず、前任者の指示・意見に従いましょう。同じ会社でも、支店・支社ごとに営業ルールやマナーがあり、中には「取引先に手土産は不要」と定めている場合もあるからです。

また、極端な話になると「賄賂ととられかねない」と手土産の受け取りを嫌う営業先もいます。相手をよく知る前任者に、初回のみならず、今後の訪問時の手土産の扱いについても聞いておくとよいでしょう。

挨拶としての手土産に決まりはない!臨機応変な対応が一番

これまで共に働いてきた同僚、お世話になった取引先に、感謝の気持ちをこめて贈り物を添えて挨拶をする。これは日本人としてよくわかる行動です。しかし、誰も知らない転勤先・異動先にこれからどうぞよろしく、という時にお菓子などの手土産まで渡されると、今後の付き合いで相手に気を使わせてしまったり、少々やり過ぎととられる場合もあります。この辺りが単純に「引越し蕎麦」で済む家庭との違いですね。

もちろん、お菓子など手土産をもらって悪い気になる人はあまりいませんが、異動先や転勤先の職場環境や雰囲気を前任者に尋ねたり、現在の職場の上司や同僚から情報収集をして決めた方が無難です。「こうするのがマナー」という決まりはないので、臨機応変な対応が望まれます。

転勤の挨拶における手土産の究極の臨機応変な対応とは!

例えば、転勤先・異動先が自分一人とは限りません。他のエリアから転勤・移動してきた人たちと並んで挨拶。そして、他の人たちはお菓子などの手土産持参!足並みを揃えることを美徳とする日本人としては、これも気まずいものです。

そんな心配がある時は、少々無駄な労力ですが、予め自分もお菓子など手土産を用意しておくというのも手。そのお菓子などの手土産を出す、出さないはその転勤先・異動先の状況に応じて決めるというのが、究極の「臨機応変」です。 

転勤の挨拶に手土産を用意する必要はない!でも、心配であれば準備はしておこう

転勤先・異動先へ、お菓子などの手土産は持っていくべきかどうかについて紹介してきましたがいかがでしたか?「これからよろしくお願いします。つまらないものですがどうぞ」。ビジネスの場は家庭と異なり、「引越し蕎麦」のようにいかないのが転勤先や異動先の挨拶における手土産の難しいところ。

転勤先や異動先の挨拶で手土産を持参するか否かは、転勤先・異動先の慣習に倣うのが一番です。「こうするのがマナー」という絶対的なルールはないので、「基本は不要」と踏まえた上で、臨機応変に対応しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム