2016年11月29日(火) 更新

転勤する人へ一言挨拶をする際のポイント【贈る言葉】

転勤する人に一言挨拶する時のポイントとは

転勤をする人の送別会を開くことも多いかと思います。送別会では、主役である転勤する人に挨拶してもらうのがお約束ですが、送る側から一言挨拶をする場合もあります。
送る側が挨拶をする場合、その場にいる全員が一言ずつ短い挨拶をするか、代表者が長い挨拶をするかのどちらかです。
さて、一言挨拶をする時のポイントとは何でしょうか?

ポイントはお礼を述べること・今後の活躍を祈ることの2点

短く挨拶する場合も、代表者として長めの挨拶をする場合もポイントは同じなのです。転勤する人への挨拶のポイントは、「これまでのお礼を述べる」「今後の活躍を祈る」の2点です。
この2点を押さえれば、印象的な挨拶になります。

一人ずつが一言挨拶する時は短くまとめる

送別会の時、参加者が大人数でなければ、全員が一言ずつ挨拶を言う場合もあるでしょう。
「お世話になりました。これからも頑張ってください」という挨拶ではありきたりで、事務的な印象ですね。もう少し心のこもった挨拶が良いでしょう。短い挨拶でも、印象的にすることはできるのです。

具体的なエピソードを盛り込むと短くても印象的な挨拶になる

お礼を述べるフレーズの例をご紹介しましょう。
「これまで、ありがとうございました。○○さんの笑顔に、いつも助けられていました。」というような言葉や、「○○の件では、○○さんに本当に助けていただきました。このご恩は忘れません。」などのように、具体的なエピソードを含めた一言のお礼は、短くても心に残ります。

今後のエールとしては、「新天地でのご活躍を、心よりお祈りします」や「ますますのご活躍を心よりお祈りします」というような一言は定番ですが、社会人の送別会として相応しいフレーズです。お礼を述べた後に言えると、印象に残る挨拶になりますね。

さらに「○○さんと離れるのは残念ですが、新天地でのご活躍をお祈りしております」というように、別れを惜しむ一言を添えると、ぐっと心がこもります。

このように短くても印象に残る挨拶はできるのです。

代表者が転勤する人に挨拶する場合は長くなっても良い

送る側の代表者が、転勤する人に一言贈る言葉を伝える場合もあります。こういった場合は、短い挨拶ではなく、少し長めの挨拶をしましょう。代表者しか挨拶しないのに、一言程度しか贈る言葉ないというのは寂しいですね。
長めの挨拶をする時は、だらだらとした挨拶にならないように注意しましょう。構成を意識すると、多少長くなっても聞きやすい挨拶になります。

挨拶は転勤の報告→お祝いとお礼→良いエピソード→活躍を祈る言葉という構成がベター

長い挨拶でも、お礼と今後の活躍を祈る言葉は必ず言いましょう。この2つのポイントがもっとも重要です。
挨拶は、転勤の報告→お祝いとお礼→転勤する人の良いエピソード→活躍を祈る言葉という構成がベターです。この構成を意識すると、長くても聞きやすい挨拶になります。転勤する人の良いエピソードは、場が盛り上がること間違いなしです。

転勤する人へ一言挨拶をする時はこれまでのお礼と今後の活躍を祈ることを伝える

転勤する人へ一言挨拶をする際のポイントについてご紹介してきました。送別会の時には、ぜひ参考にしてください。
長い挨拶でも短い一言の挨拶でも、これまでのお礼と今後の活躍を祈る言葉は必ず伝えましょう。一言挨拶をする時に大切なのは、「これまでのお礼を述べる」「今後の活躍を祈る」の2点です。必ずこの2点を一言に盛り込みましょう。
具体的なエピソードを添えると、たった一言でも印象に残る挨拶になります。あとは、あなたの転勤する方への気持ちを込めて、自分の言葉で飾ってみてください。転勤する方の心に残る一言、励みになる一言を送りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム