2016年11月29日(火) 更新

異動先・転勤先へお土産としてお菓子を持っていく際の注意点

異動先・転勤先にお土産を持って行くかはケースバイケース

異動先・転勤先に、お土産としてお菓子などを「持って行かなくてはならない」というきまりはありません。そういったことはむしろ異動先の雰囲気に左右されるといった側面が大きいために、余計悩んでしまうものです。
例えば、オフィスがビルの一フロアに渡っているような転勤先へ一時的に行く位ですと、お土産を持って行くのにも相当な出費にもなります。逆に、小規模なオフィスへ長期転勤するとなると、持っていかない人のほうが珍しいと思われる可能性も高くなるのです。

挨拶のお土産を持っていくかは前例を踏襲すると良い

もし以前に、その異動先・転勤先へ行った人がいれば、その人に話を聞いてみるのが一番でしょう。
それとともに、事前に異動先・転勤先の上司へ挨拶はする際にも、お土産を持って行った方がいいか聞いてみても良いでしょう。
とはいえ、お土産のお菓子などは余程変なものでないかぎり、ないよりはあったほうが喜ばれるのは確かです。

異動先・転勤先にお菓子を持って行くときの注意点

異動先・転勤先で、渡すお菓子のお土産で、失敗の基となるのが数量です。お土産にお菓子を持っていったけれど、部署全体に回らなかったりというパターンなどが多いようです。
お土産は本来もらう事を期待すべきものではありません。しかし、お土産のお菓子が人数分に足りていないと「これから働く異動先の人数を調べる事さえ面倒だったのかな」と思われてしまってもおかしくはありません。
そのため持っていくお土産に持っていくお菓子は「小分けが出来て、異動先・転勤先の人数より多めにはいっているもの」が良いでしょう。全体に行きわたらないなんてことのないように、お菓子の数量には注意しましょう。

キーパーソンへのお土産も忘れずに

部署の人に、お土産のお菓子を配るとともに忘れてはいけないのが「キーパーソン」へのお土産です。
直属の上司や部長、課長といった方々とも接点を持つのであれば是非とも個別に持っていって挨拶したいところです。
お菓子の好みなども、あらかじめ理解しておけば尚良いでしょう。
持っていく際は、渡す順番などにも気を使いましょう。基本的には上位の人から順にお土産を渡していくのが礼儀です。

異動先・転勤先にお土産として喜ばれるもの

お土産として異動先・転勤先に持って行くといいのは、何もお菓子だけではありません。
本社から転勤してくるのであれば、本社だけにある物品など、仕事に直接役立つものも気が利いているとして喜ばれるものです。業務に使用するステーショナリーなどもオススメです。

お菓子を持って行く際は一工夫すると良い

転勤挨拶時に、お土産としてお菓子を持って行くにしても、地方色の強いお菓子を持って行くとあなたのことを知ってもらうきっかけにもなります。
例えば、地方からの転勤ならばその地方の特産物を使ったお菓子のお土産などが印象に残っていいでしょう。

異動先・転勤先にお土産でお菓子を持っていく際は人数を把握しておこう

異動先・転勤先への挨拶にお土産を持って行ったらいいかどうかは、多かれ少なかれ悩むところです。
異動先によっては相応しくないということもあり、前例を踏襲したり、転勤先に知り合いがいるのなら聞いてみるのもよいでしょう。
また、お土産は小分けが出来るお菓子や特産品を使ったお菓子、直接仕事に使える事務用品などが喜ばれるものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム