2016年11月29日(火) 更新

転職面接で服装自由を指定されたときの服選びのコツ

服装自由で迷ったらスーツがもっとも無難

転職面接で服装自由といわれると、どのような服を着るべきか迷ってしまいますよね。スーツ以外頭に浮かばないという人も多いでしょう。服装自由といわれて何を着てよいかわからなければ、スーツが一番無難です。面接=スーツは、定番の組み合わせです。服装自由といわれたからといって、スーツを着てはいけないということではありません。

面接でスーツを選んでも悪印象を与える可能性はない

もし、面接官に「何故、服装自由だと指定したのにスーツを着用されたのですか」と聞かれた場合は、「これが私にとって面接の服装だからです」と伝えましょう。もしくは素直に服装で迷ってしまった、と伝えてみてもいいでしょう。スーツを着て面接に行くことで、悪印象を与えるようなことはありませんから、スーツは無難な服装なのです。

転職の面接ならばスマートカジュアルでも可

転職の面接の際に、服装自由といわれたら、特に女性はスマートカジュアルを採用する人も多いでしょう。スマートカジュアルとは、例えば、シャツにタイトスカートです。スーツの一部ではないのですが、フォーマルに見えますよね。そして、上にスーツ用ではないカジュアルジャケットを着用すると、まるでフォーマルな格好に見えますが、普段の会社での服を合わせているのでスマートカジュアルとなります。男性の場合も同様に、スマートカジュアルもアリですので、他の人と差別化を図るためには挑戦してみても良いでしょう。

スマートカジュアルは面接でも好印象

服装自由と書かれた場合は、スマートカジュアルな格好は印象も良いです。男性であれば、襟付きのシャツにチノパン(ベルト付き)などがおすすめです。特に、外資系の会社の面接で服装自由と指定された場合はこういった服装の人が多いので、参考にできますね。転職ならではの、社会人としてのマナーもアピールできる点になりますので、意識しておきましょう。

カジュアル過ぎるものは服装自由であってもNG

「服装自由」といわれていても、着て行って良いものとそうでないものがあります。完全にそれはプライベートで遊ぶ時の服装だろうと思われるような服装は面接時には適しません。例えば、女性ならタンクトップにショートパンツ、男性もTシャツにハーフパンツなど、あまりにもカジュアル過ぎる物は服装自由であってもNGです。

清潔感を重視すべき

服装自由の面接では、スーツやスマートカジュアルといった服装が適していますが、たとえこれらを選んだとしても、清潔感が無ければ意味がありません。洋服にしわが入っていたり、汚れがついていたりしたら、良い印象は与えないため注意が必要です。どのような服装をする場合であっても、清潔感を重要視しておきましょう。

服装自由の解釈は業界によって異なるため注意が必要

ただし、アパレル関係の職業であれば、面接時の服装も評価の対象として大きく響く場合があります。そういった時には会社の場合は、上記の例には含まれないのです。こういった場合は、スーツなどを着ていくと個性がないと判断される可能性がありますので、注意しておきましょう。

転職面接で服装自由と指定されたらスーツorスマートカジュアルでOKだが清潔感を重視しよう

面接に服装自由を指定された時の対応方法について見てきました。面接に行くのに緊張してしまいますよね。何故なら評価対象が増える気がするからです。しかし、迷ったらスーツ、ちょっとスーツは嫌だと思ったらスマートカジュアルな格好で行けば、問題ありません。もし服装自由で困ったときは是非そうしてみてください。ただ、清潔感に関しては大変重要なポイントになりますので、外さないように注意しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム