2016年11月29日(火) 更新

転職拒否はリスク?会社都合の退職にする方法

転勤を断る前に会社ですべき事とは

転勤が納得できないから断りたい、拒否したいという人もいると思います。
転勤が出来ないと転勤を断る場合、会社がどのような判断を下すかは、いくつかのパターンに分かれます。リストラをしたいから、無理な転勤を要求して、出来ないなら退職させるという場合もあるのです。
ですから、転勤が無理なら、一度会社に転勤を断る意志を見せてみましょう。断る意志を見せた結果、転勤を取り消してくれるのであれば、自分を必要としてくれる会社でしょう。

転勤を断る前に雇用条件や就業規則を確認する

転勤を断る前に、もう一度会社の雇用条件を確認しましょう。
入社した時に、転勤がないという条件で入社しているなら、もちろん会社が明らかに就業規則違反をしています。そのため、転勤を拒否して辞めるという事態になった時は、もちろん会社都合退職で辞めることが可能です。会社都合退職のほうが、なにかと有利ですので、可能であれば会社都合退職で辞めるに越したことはありません。

雇用条件や就業規則で決まっていても転勤に納得できない場合の退職判断

もしも、雇用条件や就業規則で転勤の可能性などについて示唆されて、転勤が仕方ないという状況ではどうでしょうか?決まりではあるものの、自分が納得できない転勤話を拒否するとどうなってしまうのか、気になるところでしょう。
仮に、転勤を拒否して会社を辞めるという話になったとしましょう。その際は、会社都合での退職になるのでしょうか?それとも自己都合での退職になるのでしょうか?

雇用条件や就業規則で決まっていると自己都合退職として判断される

どんなに転勤を拒否したくても、雇用条件や就業規則で決まっているのなら、異動・転勤はどの会社でも当たり前のこととして受け止めなければいけません。
その会社の異動・転勤が納得できないから断ると決めたのならば、基本的には会社都合退職でなく、自己都合退職と判断されてしまいます。

会社都合退職にしたいなら「不当な要求」として会社を訴えるケースもある

だだし、転勤を拒否して断る、そして自己都合退職で会社を辞めると、会社都合退職と違いすぐに失業保険はおりません。
3か月待ってからしか失業保険は下りないので、家族がいる人ならば特に会社都合退職にしたいところでしょう。
そして受給期間も倍くらい異なります。ですので、転勤先への辞令を、不当な要求だと会社に訴えることで、会社都合退職にしてもらえる可能性があります。
自分が承諾していない不当な転勤命令の際には、会社都合退職が適用されることを知っておきましょう。

転勤の話を拒否しても会社を退職しなくてもいいか?

転勤が明らかに自分にとって不利益だと分かっていて、会社から無理やり異動を強要された場合には、退職勧奨もしくは、解雇するように要求されていると自分が感じていると、会社に伝えましょう。
会社を積極的に辞めるつもりはないが、どうしても転勤が納得できない旨を、労働基準監督署に相談してみることおも一つの手段です。

会社都合での退職がお互いにとってベストの選択

転勤を拒否して、なお辞めることなく会社にとどまるのは、精神的に辛いものです。
頑張って会社都合退職を勝ち取ったら、潔く退職した方が会社にも自分にも、一番良い方法だと思われます。転勤がある会社で転勤出来ないというのは、やはり社会人としては望ましい態度ではありません。
その点から考えても、会社都合退職を勝ち取ったらキレイに辞めるのが一番気持ちが良い方法でしょう。

転勤命令が「不当な要求」だと訴えれば会社都合退職になる場合もある

ここでは転勤を断る際の退職について紹介してきました。会社を辞めるときは、会社都合退職と自己都合では全く失業保険の支払われ方が違います。特に家族がいる人は、自己都合退職で辞めてしまうと、何かと不便を被ることになりかねません。
雇用条件等で転勤がないと記載されているにも関わらず、転勤を命じられた場合は就業規則違反となり会社都合退職という形で辞めることができることは、頭にいれておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム