2017年09月22日(金) 更新

転職後の入社初日に適切な服装マナーのポイント3つ

入社初日の服装マナー➀:転職先の常識に合わせる!

やっぱり一番はコレ。できれば面接の際に、その会社で働く人の服装をさりげなくチェックして「職場の常識」を掴んでおきましょう。

「カジュアルな格好でいいよ」と言われて、ジーパンとシャツで出社する、なんてことがないように、下調べをしたうえで入社初日を迎えることは大切です。会社の雰囲気とかけ離れた服装では、一人だけ浮いてしまいますよ。

入社初日の常識がわからない場合はスーツで様子見を

それでもやはり、職場の雰囲気がつかめない、チェックし忘れた!などという時は、無難なスーツを着用していきましょう。

変に私服で行くよりはそのほうが良いでしょう。入社初日なので、そこまで変に思われたりはしません。次の日から、職場の雰囲気に合わせればOKです。

初出勤の服装は周りに合わせる心遣いが◎

例えば、転職先の社員が無地のスーツに白いシャツを着ている会社であれば、転職先への初出勤の服装は、絶対に無地のスーツ&白シャツで行きましょう。いくらあなたがストライプシャツが似合うとしても、です。

転職先の企業はあなたを自分の会社の仲間として受け入れる体制でいますが、初出勤の日に自分たちと全く違う服装で現れたら、やはり嫌悪感が出てしまい、その後の関係にも響いてくる可能性があります。初出勤の服装は、周りの社員に合わせる心遣いが必要です。

入社初日の服装マナー②:リクルートスーツ以外でもOK!

入社初日、職場の服装における常識がわからない時は「スーツが無難だ」と言いましたが、リクルートスーツしか駄目というわけではありません。

転職で入社するなら、もう少し柔らかな印象のものでも大丈夫な場合も多いようです。匙加減が難しいところですが、いろいろ意見をまとめたので参考にしてくださいね。

初出勤の服装はラフすぎず硬すぎずを意識

転職先の入社初日の服装は、ラフすぎず、また硬すぎない服装が万能のようです。入社初日にオリエンテーションでほぼ一日が終わる会社は少ないと思います。オリエンは早々に切り上げ、すぐに業務に入る企業の方が多いはずです。

そんな時、スーツでビシッと決めてしまうと、仕事をするのにやりにくい場合もあります。ラフすぎもよくないですが、硬すぎない服装がいいようです。

初出勤の服装をオフィスカジュアルでまとめると◎

転職先の企業によって、服装や髪型、所持品などの身だしなみのマナーはそれぞれです。転職先への初出勤で自分の個性を前面に出した服装で行ってしまった場合、どんなにあなたがオシャレ上級者であったとしても、初出勤の場でそこをアピールしてもハッキリ言って全く意味がありません。

むしろ、ビジネスマナーとして失格です!初出勤の服装は、控え目な色目のオフィスカジュアルでまとめておくのが無難です。

入社初日の服装マナー③:ジャケット・ベージュが無難!

転職後の、出勤初日には職場の雰囲気に合わせた服装か、オフィスカジュアルが良いと見てきました。では、オフィスカジュアルが分からない場合や、職場の雰囲気がいまいち分からない時はどうすればいいのでしょうか?最も無難な服装を確認しておきましょう!

初出勤の服装で迷ったら無難なジャケットを着用!

もし転職先から「初日はオフィスカジュアルでいい」と言われた場合に、初出勤のオフィスカジュアルって?と悩んでしまったら、まずはジャケットを着用しましょう。

シャツとパンツの組み合わせもジャケットを羽織るだけでかっちりした印象にまとまりますし、これで周りに悪い印象を持たせることはまずありません。

入社初日の服装はベージュでまとめると好印象!

入社初日の服装アイテムは決まったものの、服装の色で悩む人もいると思います。黒だと重くなってしまいますし、かと言って何色を選ぶのがベストなのか迷ってしまいますよね。服装の色で迷ったら、ベージュでまとめるのがオススメです。

ジャケットとパンツ・スカートと上下揃えてもいいでしょう。落ち着いた雰囲気が出せますし、どんな色とも相性がいいのでインナーの色で困ることもありません。

転職して入社初日に着ていく服装は「職場の常識」に合う堅すぎないもの!

今回は、転職先の入社初日に着ていく服装のポイントとマナーについてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職先への入社初日の服装は、やはり職場の雰囲気に合わせて着て行くことが無難なようです。職業の種類にもよって様々でしょうが、面接官や周りの人に合わせると、初出勤で浮くのを避けることができます。転職先でのご活躍をお祈りしております!

転職を成功させたい人必見!

関連コラム