2017年07月14日(金) 更新

昇進・昇格試験に”受かる”面接対策【頻出質問例あり】

昇進・昇格試験での面接で問われることを理解する

昇格試験や昇進試験では筆記試験と違って、面接は漠然としたイメージを持たれがちです。そのせいか、昇格試験・昇進試験での対策の取りようがないと考えてしまう方も多くおられるでしょう。

しかし、企業側が社員に求めるものははっきりしています。ですので、会社が求めるものを理解するのが、昇格試験・昇進試験対策の第一歩となるのは間違いありません。

昇進・昇格試験や面接ではリーダーとしての資質が問われる

昇格試験や昇進試験でまず問われるのは、リーダーとしての資質です。会社での地位を上げるかどうかの試験ですので、これは当然でしょう。

では、リーダーとしての資質とはいったい何なのか。多くの企業では、昇格試験や昇進試験においてマネジメント能力やコミュニケーション能力、リーダーシップといった要素を総合して、リーダーに相応しいか否かを判断しています。

具体的な面接対策を取るためにもまず、このような企業側が求めているものを理解しておきましょう。これらのキーワードに関するビジネス本を読むと、良い面接対策になります。

昇進・昇格試験の面接に向けて管理職の仕事を理解しよう

昇進試験や昇格試験の受験資格を得たとき、あなたは企業から管理職にチャレンジするチャンスを与えられたことになります。しかし、せっかくチャンスをもらっても面接で管理職についての知識がまるでないと思われたり、興味がなさそうに見られると、昇進試験や昇格試験試験に合格できません。 管理職についての最低限の知識は覚えておきましょう。

管理職は担当部署の環境を改善する

管理職とは、何を管理する仕事なのでしょうか。一見すると部下を管理してしっかり仕事をさせるお目付役のようなイメージがあります。もちろん、部下の仕事や健康の管理は重要です。

しかし、管理職が本当に管理すべきものは、担当部署の環境であると覚えておきましょう。 環境の管理は部下の仕事や健康に大きく影響する重要なものであり、管理者が最重視すべきものなのです。 ですので、担当部署の環境を管理したり、改善していく役割であるとしっかりと理解しておきましょう。こうした管理職についての知識も、昇進試験や昇格試験の面接対策のために覚えておいてください。

昇進・昇格試験での面接のシミュレーションを徹底的に行おう

就職試験を受ける前に、面接のシミュレーションを行った方は多くいらっしゃるでしょう。昇進試験や昇格試験においても、面接のシミュレーションは重要です。面接で受ける質問を予想して何度もシミュレーションを行いましょう。

いかにして面接時の質問を予想するかが重要

面接対策にはシミュレーションが有効だとわかっても、面接での質問内容がわからなければ実践しようがありません。そこで、試験が決まったら仲の良い上司などに昇進試験や昇格試験を受けた時に受けた質問内容を聞いてみるのをおすすめします。具体的な面接の内容がわかれば、これ以上ない有効な面接対策がとれるといえます。

昇進・昇格試験での面接質問例①自慢話をしてください

この質問は、昇進試験や昇格試験での面接で必ず聞かれると思っておきましょう。この質問の意図としては、

■目の前にどんな困難があったのか
■困難に立ちはだかれた時にどう思ったのか
■何をどうしてその困難を乗り越えたのか

このような点を見られています。ですから、事前にしっかりと回答できるよう考えておきましょう。

昇進・昇格試験での面接質問例②なぜそのような行動をとったのですか?

そして、先ほどの質問例を投げかけた後に、次の問いが投げられます。

■ではその時△△といった行動をとったのはなぜですか?
■その行動を具体的に教えてください。どういった順序で何をしましたか?
■その行動の後、更に何かを行う必要が生じたと思うのですが、あなたは何をしましたか?

これらの質問例が聞かれる可能性は非常に高い為、やはり予め回答するべき発言を考え、言葉に出し練習をしておいた方が良いでしょう。

昇進は人事担当者にとって「別の仕事を任せる」のと同じ

面談を受ける人は「これまでの延長線上の仕事」として昇進などを捉えているケースが多いですが、上司や人事からすると職位や立場が異なると「全く別の仕事」を任せる心境です。ですので、「これまでの役割と何が変わるのか」を事前にしっかり把握した上で、その仕事を任せられる人として認識される必要があります。それを自覚できている部下には「準備ができている」と思うことがあります。

昇進・昇格試験の面接では具体的な質問内容を予測して対策を!

昇進試験や昇格試験の面接対策と、質問例を紹介してきましたがいかがでしたか?就職の面接では、仕事に対する熱意や情熱が問われます。しかし、昇進試験や昇格試験は情熱だけでは合格できません。

昇格・昇進試験の鍵を握るのは、ズバリ対応力です。企業は、管理職を任せる人材に、業務上起こりうるあらゆる事態に対応できる対応力を求めています。特に昇進試験や昇格試験の面接では、臨機応変な対応力が試されるため、できるだけ具体的に聞かれるであろう質問内容を予測して対策しておきましょう。

関連タグ

関連コラム

転職成功者1,000人以上の口コミを元に作成!
78cd2a92c6dbd5fe