2017年07月03日(月) 更新

内示を拒否して転勤を断る方法

転勤の内示を拒否できる?

まず初めに、突然転勤の内示が出たときに拒否できるのか否かについて見ていきます。転勤の内示を拒否することは、果たしてできるのでしょうか?

基本的には従う義務がある

こういった流れの中で、実際、そういった転勤の内示を拒否する、というのは、想定されていません。この事を、まず頭に置いておく必要があるでしょう。そしてさらに、会社の人事規定などによって、転勤を前提としてあなたも入社しているのであれば、基本的には拒否できず、会社に従う義務があるのです。

転勤の内示を拒否する理由

あなたが転勤の内示を拒否したい理由によっても、事情は変わってきます。たとえば、マイホームを買ったばかりであるとか、子供が受験だからとか、そういった理由では、転勤の内示を拒否する正当な理由とはいえないでしょう。でも、中には本当に転勤の内示を拒否できないと困る人もいるでしょう。そういうケースはどうすればいいのでしょうか。

不当・業務と関係のない理由の転勤は拒否する権利がある

しかし、たとえば転勤をすると本当に困る理由があれば、人事に相談してみるのは可能です。また、個人的な理由だけではなく、その転勤の内示が不当であれば、それは拒否をする権利があるともいえます。
転勤の内示が不当である事例というのは、たとえば、業務と関係のない理由・ほかの社員の結婚や離婚といった事情が理由での転勤であったり、宗教や人種などによる不当な転勤などの場合です。

転勤の内示を拒否した後のキャリアについても考えよう

こちら側の理由によって転勤の内示を拒否したとき、それが会社側に通る場合も、あるでしょう。しかし、転勤の内示を拒否すると今後のキャリアプランに与える影響という一面も、考えないといけません。自分のキャリアにとってマイナスになるとしたら、それと、転勤を承諾するデメリットとを、天秤にかけなければいけません。

自分のキャリアに及ぼす影響はかなりある

転勤の内示を拒否するというのは、一旦決まった人事をくつがえすことになります。その影響は、大きかれ少なかれ、会社にとってマイナスとなったといえるでしょう。一旦根回しした人事を、再度調整するのですから、それも大変ですし、また、次の後任を探すというのも、大変でしょう。そういった負荷を会社に与えるのも、やはりマイナスといえるでしょう。

転勤の内示は、業務と関係のない不当な理由でなければ拒否できない

転勤の内示を拒否することは、人事を拒否していることでもあり、会社側にもマイナスとして残ります。
さらには、そういった話が間接的であれ、部内や社内に広がるようであれば、やはりいい印象とはならないでしょう。そういったマイナスの影響も、考えてみないといけません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム