2017年01月16日(月) 更新

初任給で贈る両親へのプレゼントに添えるメッセージの書き方

両親へのメッセージ①:これまでの感謝の気持ちを伝える

初任給で贈る両親のプレゼントに、メッセージを添えるのはいかがでしょう。
メッセージは簡潔で構いません。メッセージカードにこれまでの感謝の気持ちを伝える言葉を書いて、初任給記念のプレゼントと一緒に渡しましょう。両親が喜ぶこと間違いなしです。

メッセージには具体的なエピソードを盛り込む

簡潔にとはいっても「今までありがとう」だけではちょっとさみしいですよね。書き方としては、子どもだからこそのエピソードを一つ、メッセージに盛り込みましょう。
例えば「インフルエンザにかかった時、好きな物や好きな食べ物を沢山買ってきれくれて、寝ないで看病してくれてありがとう」というように、印象に残っているエピソードを選んでください。より一層、感謝の気持ちが伝わります。

両親へのメッセージ②:気遣いの言葉

親は子どもができれば自分たちのことよりも、子どもの必要や成長にお金や時間を割いてくれるものです。
子どもは父と母としての役割を十分見てきたはずですが、それは夫と妻としての時間を多少なりとも犠牲にして成り立っています。親としてはそれが当たり前なのですが、初任給で贈るプレゼントと一緒に、気遣う言葉をメッセージとして添えてみてはいかがでしょうか。

両親を「夫婦」として気遣う言葉を贈ろう

初任給のプレゼントで両親への感謝のメッセージを述べると共に「これからは、夫と妻としての時間も過ごしてもらいたい」という言葉も贈るのはいかがでしょうか。
初任給のプレゼントも夫婦で使えるものにするとなお良いですね。子どもが巣立った後は、夫と妻としての時間を大事にしたいと考える夫婦はたくさんいますから、子どもからのこの気遣いは嬉しいでしょう。

両親へのメッセージ③:今後の目標や夢を伝える

今まで、両親に自分の夢を語ったことはありますか?
小学生など小さい時には話をしていたかもしれませんが、成長するにつれ、自分の夢について親と話さなくなるのは普通ですね。だからこそ、初任給のプレゼントに添えるメッセージで今後の抱負や夢、目標を宣言してみるのはどうでしょうか。

両親は夢や目標のために努力する子どもの姿を見たい

両親が何よりも見たいのは、目標や夢に向かって努力する姿です。大切に育ててきた子どもが自立し、目標や夢をかなえるために努力する姿は感動的でしょう。
初任給のプレゼントを渡す際には、社会人としての夢や目標について伝えて今後も頑張っていくと宣言し、両親を感動させましょう。

初任給で贈るプレゼントにメッセージを添えて自分の成長を両親に見せよう

初任給で贈る両親へのプレゼントに添えるメッセージの書き方について紹介しました。
初任給のプレゼントに添えるメッセージは、自分の成長を示しましょう。書き方として、添えるメッセージの書き方には色々なパターンがありますが、初任給のプレゼントは贈る相手を考えながらメッセージや贈る物を選んでくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム