2017年01月16日(月) 更新

引っ越しは月初がいい?月末がいい?日付を賢く決めよう

月初に引っ越しをする場合

賃貸の場合、賃貸契約の開始日というのは、1日である場合が多くなります。これは、その前に住んでいた人が退去するのが、月末である場合が多いからです。
しかし、それはマストではありません。月初に引っ越しをする場合も、この日付については、賢く選択するようにしましょう。

月初の日付は1日である必要はない

月初に引っ越しするからといって、本当に1日に引っ越しできるわけではないのなら、賃貸契約の最初を、1日にしなくてもよい、ということを念頭においておきましょう。
貸す側としては、月末に退去したあと、1日から契約を開始しておいたほうが、賃料を多くもらえるようになります。
しかし、本当に引っ越しができるのが、3日とか5日であれば、その日を契約開始日、賃料発生日とすることをオススメします。

月末に引っ越しをする場合

月末に引っ越しをする、という場合には、どういった事に注意をしたらよいでしょうか。月末を解約日とする、という人は、実際多くなります。だいたい賃料は1ヶ月分となりますので、最後の日を退去日とする事が多いからです。しかし、引っ越し日については、もう少し前に予定をしておきましょう。

月末なら引っ越し日を末日より少し前にすべき

月末に引っ越しをする際、末日ではなく、少し前にしておく理由、それは、賃貸契約によっては、解約日までに、原状回復をして明け渡す必要がある、となっている場合があるからです。
そうなると、末日に退去するのでは、間に合わなくなってしまいます。明け渡し遅延となって、遅延損害金が発生するような場合もありますので、契約をしっかり確認した上で、引っ越し日を設定するようにしましょう。

月末なら引っ越し日を末日より少し前にすべき

月末に引っ越しをする際、末日ではなく、少し前にしておく理由、それは、賃貸契約によっては、解約日までに、原状回復をして明け渡す必要がある、となっている場合があるからです。
そうなると、末日に退去するのでは、間に合わなくなってしまいます。明け渡し遅延となって、遅延損害金が発生するような場合もありますので、契約をしっかり確認した上で、引っ越し日を設定するようにしましょう。

引っ越しは月初の方が安い

引っ越し費用を、月初と月末と比べると、月初の方が安い場合が多くなります。というのは、やはり、月末に退去をする人が多いからです。
月初に退去、というのは少なくなりますので、引っ越し業者の忙しさからいくと、月初の方が空いていることになります。
そして、基本的に引っ越し費用は、引っ越し業者が空いている時の方が安いのです。

月初と月末で、引っ越しにかかるコストは違ってくる

このように見てみると、月初と月末で、引っ越しにかかる費用は違ってくるということが分かってきます。
荷物が多く、引っ越し費用がかさみそうであれば、月初に引っ越しをする、というのがよいかもしれません。
その場合には、退去する方の賃料の支払いを、一ヶ月分ではなく、日割りにできるかどうか、事前に確認しておくようにすることをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム