事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

転職後1ヶ月でストレスを感じる理由と効果的な対処法

転職して1ヶ月はストレスが溜まって辛い時期のピーク!

新卒であっても中途入社であっても、仕事が辛い気持ちなることはありえます。なぜならば、転職後には「大きな環境の変化が起こる」からです。

転職による環境の変化は、ほとんどの人にとっては広い意味での「ストレス」になります。人はストレスがかかると、体調を崩したり、メンタル面で弱って参ってしまったりします。場合によっては家から出られない状態になってしまうケースもあります。

転職はそもそも、それほど大きな負荷がかかってしまうものなのです。そして、転職後1ヶ月というのはちょうど辛い状態がピークに達する時とも言えます。

「失敗した」と感じても再転職はNG!まずは解決策を考えよう

せっかく転職しても、社風が合わないなどの理由で、転職したてで「失敗した」と感じてすぐに辞めてしまう人が多いようです。 しかし、雰囲気や社風が合わないという理由で、転職したあとにすぐ退職することはあまりおすすめ出来ません。

転職したあとに再転職に踏み切らなくても、問題を解決できる場合があるからです。ストレスを抱えて、「辛い」「辞めたい」と思っても、少し踏みとどまって解決策を考えてみるのが得策といえるでしょう。

転職による環境の変化自体が元々ストレスを生みやすい状態

転職によるストレスの直接的な大きな原因は「環境の変化」です。その影響で入社1ヶ月でも心身ともに辛い状態になってしまいます。新卒入社の場合には、そもそもアルバイト程度の社会人経験しかなく、仕事自体が辛いものです。

中途入社の場合も例外ではなく、転職後の業務内容がたとえ前職と同じであったとしても、異なる環境で異なる人達と働いていると、意識していなくても自然とストレスはかかります。そもそも「環境の変化」は、人にとって一般的に「ストレス」として作用するもので、辛い気持ちを生み出しやすいことを覚えておきましょう。

「辛い」と思うのは一時の感情!楽しい思い出を振り返ろう

転職したあとに、社風が合わないなどのストレスで、一度「辛い」とか「辞めたい」と思うと、何でも悪い方へと考えてしまうでしょう。まずはいったん、合わない社風よりも現実を直視して、自分を落ち着かせる事が大切です。

たとえ転職したての入社1ヶ月でも楽しい思い出はあるはず。転職したあとに経験した楽しかった思い出を中心に振り返ると、自分が勤める会社の魅力を再確認できるかもしれませんよ。

転職後1ヶ月のストレスは「プレッシャー」「人間関係」が原因

転職後の環境の変化と共に、入社1ヶ月で辛い気持ちの大きな原因となりうるのが「プレッシャー」と「コミュニケーションの問題」です。まず新卒入社であっても中途入社であっても「なんとか業務をこなさなければ」「同期入社の人達とうまく並走しなければ」といったプレッシャーは重くのしかかってきます。

また、コミュニケーションの問題という面では、転職後の新しい環境で出会った「ほぼ初対面の人達」との人間関係で感じることでしょう。中途入社ならではのストレスを指します。たとえ、経験豊富な中途入社で社交的なタイプの人であっても、初めての相手とのコミュニケーションには負荷がかかります。

新しい環境に慣れるまでの時間は1ヶ月~3ヶ月が目安

とはいえ「人間は慣れの動物」といわれるように、しばらくすると転職後の新しい環境や相手の人にも慣れていき、ストレスは自然と軽減されていきます。

ただし、慣れる期間は人それぞれ異なるため、一概に言うのは困難です。ですが、早い場合には入社後3日程度、一般的には1ヶ月~3ヶ月程度でストレスのピークを迎えて、その後は軽減するというケースが多いので、目安にすると良いでしょう。

転職して1ヶ月経つまでは小さな目標クリアをモチベーションにつなげる

転職したての入社1ヶ月だと、あまり大きな仕事もできず、それがかえってストレスになる場合もあるようです。この場合には毎日目標を作るようにすれば、楽しく仕事が出来るようになります。

毎日が楽しいのに「ストレスだ」「辛い」「辞めたい」と思うことはありませんよね?長い目標はどうしても結果が出にくいので、仕事の楽しさやモチベーションにはつながりにくいリスクがあります。しかし、毎日作る目標ならばすぐに結果がでるので、楽しいですし、モチベーションにもつながりやすいのです。

入社後1ヶ月での転職は後悔する可能性が高いのでやめよう

1ヶ月で転職し直す(辞める)と、ほとんどの人が後悔をする傾向にあるようです。というのも、自分と近い時期に入社した人、あるいは歳の近い人が徐々に慣れていき、様々な仕事を任されている状況を知ってしまうと、もう少し我慢しておけば良かったと思うからのようです。

1ヶ月で転職する事は、のちに述べるような外的デメリット・リスクもありますが、このような内的リスクもあります。なので、1ヶ月で転職するのは可能な限り避けた方がいいでしょう。

仕事をプレッシャーに感じるのは自分に最適ではない証拠かも

仕事をプレッシャーに感じるのは、自分の実力に見合った企業ではないのかもしれません。自分の実力以上の仕事を任されるのは光栄なことですが、自分のキャパを超えてしまっては意味がありません。

そこで、まずは自分の実力を知ることから始めてみませんか?「doda合格診断」では、簡単な操作で自分の実力を診断することができ、それをもとに転職企業を決めることができます。利用は無料ですので、気軽に試してみてください!

転職して1ヶ月で感じる辛い気持ちは仕事以外の何かでストレス発散するのが◎

転職して今の会社に入社して1ヶ月。辛い気持ちをやり過ごす対処としては、趣味等の仕事以外の何かでストレス発散したり、仲の良い人を見つけて、居心地のよい環境を自分から作っていく、といった対処をあげることができます。特に入社して1ヶ月間は、視野が狭くなりがちです。自らほかのことにも目を向ける努力をしましょう。

ストレス発散が上手くいかない場合は楽観的に考えて行動しよう

とはいえ「辛い状態」の根本原因が転職後に変化した環境である以上、ストレス発散がうまくいくとは限りません。「病は気から」といいますが、何よりも「楽観的に考えて行動する」ことが肝要です。気の持ちよう次第で、入社1ヶ月の辛い気分を振り払うことは可能です。

ストレスを溜めたときの対処法3選は↓

1.仲のいい友達と会って話す
2.気分転換で体を動かす
3.リフレッシュのために旅行する

以上の3つが、転職後のストレスを和らげるための対処法です。もちろん、他にも対処法は百人百通りあると思いますが、まずは上記の3つを試してみてください。

ただし、転職したての入社1ヶ月で、体力的・金銭的に難しい場合は無理をしないようにしましょう。先に述べたように、楽観的になるのが辛いストレスに対する一番の対処法です。

入社1ヶ月で転職するリスクとは?

転職したての入社1ヶ月で転職し直すのは、一見何ともないように思えますが、思わぬリスクが潜んでいます。辛いという感情やストレスを抱える人は、どうしても隣の芝生が青く見えるかもしれませんが、きちんと現実的なリスクを知るべきでしょう。

職歴が傷ついたことで前より悪い会社にしか入れない悪循環に陥るかも!

転職したての入社1ヶ月で会社を辞めると大きなリスクが発生します。中でも一番大きなリスクといえば、やはり「経歴に傷がつく」という点でしょう。

再就職するときに、例え履歴書に前の会社を一ヶ月で辞めた経歴を記載していなかったとしても、年齢などから会社をすぐに辞めたという事実がばれてしまいます。それにより、次への就職は厳しくなりますし、その影響は何年経っても仕事に響いてくるのです。

また、入社1ヶ月で転職し直せたとしても、前の会社より良い会社に就職できる人は実はほとんどいないというのが転職市場における実情です。その原因は、やはり「経歴が汚れてしまったから」となるそうです。

そうなると前の職場よりも劣悪な環境になる可能性も大きいですよね。そんなとき、当然のようにその会社も辞めるでしょう。そして、その繰り返しが起きると、仕事を辞めるというハードルが下がってしまうのです。

どうしても耐えられない場合は転職エージェントに相談しよう

ストレス解消法を色々試したけど、それでもやっぱり無理!だと感じたら、精神が崩れる前に転職を考えましょう。次の転職で絶対に失敗しないように、転職エージェントを利用するのがオススメです!

転職エージェントは、あなたの悩みや条件をしっかりヒアリングし、最適な企業を紹介してくれます。転職を決意してから入社するまでをトータルでサポートしてくれますので、安心して転職活動を進めていけますよ。
数ある転職エージェントの中でもオススメは、転職業界の求人数&実績No.1の「リクルートエージェント」です。相談、転職サポートは無料ですので、ぜひ利用してみてください!

入社1ヶ月は辛いストレスを感じやすいので辞めるのはNG!楽観的に考えよう

転職したての入社1ヶ月にはストレスを感じ、仕事が辛いとさえ思う人が多いようです。今回は、そういった転職後のストレスに対する対処法を見てきましたが、いかがでしたか?
このように、転職後のような環境の変化に対してストレスを感じ、結果として辛い状態に陥ってしまうことは多々あります。「五月病」という言葉が示すとおり、入社1ヶ月程度がピークである場合が多いようです。

入社1ヶ月で辛いと感じたら趣味に没頭したり何か楽しい事をしてストレスを発散し、その上で物事を楽観的に考えていきましょう。中途入社してすぐに退職というのは対処法を実践して絶対に避けましょう。
1ヶ月で転職し直した人も世の中にはいるかもしれませんが、かなりの少数派か、よほどのわけありでしょう。なるべく慎重に自身のキャリアを検討してくださいね。

自分のこれからのキャリアについて悩んだら、転職エージェントに相談して、アドバイスをもらうのもいいかもしれません!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム