2019年08月07日(水) 更新

会社を一ヶ月で辞めるリスク

入社一ヶ月で仕事を辞めると経歴に傷がつく

入社一ヶ月で会社を辞める事により発生する、一番大きなリスクといえば、経歴に傷がつくという点です。
特に新卒の方であれば、再就職しようとしたときに、例え履歴書に前の会社を一ヶ月で辞めた経歴を記載していなかったとしても、年齢などから新卒で入った会社をすぐに辞めたという事実がばれてしまいます。
それにより、次の就職は厳しくなりますし、何年経ってもその仕事に影響してくるのです。

入社して二年は辞める決断は避けるべき

経歴を汚さないという場合で考えれば、少なくとも入社して二年は同じ企業に勤めたほうが良いです。
もちろんそれぞれの事情があるとは思いますが、入社後すぐに会社を辞めると、必ず他の企業に面接に行った際に、退職した理由を聞かれますし、理由がなければ「この人には忍耐力がない」と判断されますので、再就職は厳しくなります。
入社して一ヶ月で辞める!と思っている人は、そのようなリスクがあるという点だけは覚えておきましょう。

入社して辛いのは最初だけ!辞める前に今一度考え直して

入社一ヶ月で辞めると考えるのは、新人が誰でも感じる仕事のストレスである時が多いです。仕事は未知の空間で、怒られてばかりで、大学生活とは生活スタイルが180度変わるのですから、辛さを感じて当然だと思います。
ですが、そのような仕事のストレスは、長く勤める事によって徐々に解消されていくものです。本当に辞めるほどの理由があるのか、しっかりと考えましょう。

辞める決断を早まると後悔する場合も

入社一ヶ月で辞める人は、ほとんどが後で後悔をします。同期の人たちと辞めたあとも付き合いがあるという人は特にです。
一緒に入社した人間が、徐々に会社や仕事に慣れていき、様々な仕事を任されていると知ると、もう少し我慢しておけば良かったと思うものなのです。

辞めることに慣れてしまう

入社して一ヶ月で仕事を辞めると、会社を辞める考えに慣れてしまう可能性があります。その結果、長く仕事が続かず、バイトなどで暮らしていくという生活に陥ってしまうのです。

繰り返すことで「辞める」というハードルが下がる

次に就職できたとしても、前の会社より良い会社に就職できる人はほとんどいません。その原因は、経歴が汚れてしまったからなのですが、そうなると再就職先が、前の職場よりも劣悪な環境であるという可能性のほうが大きいです。
そのような場合、その人は当然のようにその会社も辞めるでしょう。そして、その繰り返しが起きると、辞めるというハードルがさがってしまうのです。

入社一ヶ月で会社を辞めると再就職が難しくなる

入社一ヶ月で会社を辞めることによって発生するリスクをご紹介してきました。今回紹介したようなリスクを承知した上で、やはり仕事を辞めるという場合であれば、それは仕方のないかもしれません。
実際に、劣悪な環境の職場や、ブラック企業も存在しますので、そのような会社であれば、すぐに辞めたほうがいいでしょう。ただ、辞める際には、そのリスクをしっかりと考慮したうえで、決断するということが重要なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム