2017年08月07日(月) 更新

【社宅の家賃相場とは】自分で借りるよりも社宅に住むことをオススメする理由

社宅の平均家賃っていくら?

まずは、社宅の平均家賃をみていきましょう。社宅は一般に自分で借りるよりも家賃が少なくて済むことが多いようです。家賃は都道府県や住む地域、駅から近いところ遠いところなどによっても相場が違いますが、その社宅の近隣住宅の賃貸相場と比べてみますと、普通に会社を通さずに賃貸を利用するよりもかなり安い家賃設定になっているようです。

社宅は近隣住宅の賃貸相場より20%~50%ほど安い計算

平均して、近隣住宅の賃貸の相場から20%から50%ほど安くなっていることが多いようです。一般的に、企業が「社宅制度」を導入するときには「社宅規程」というものを作成します。社内規定には家賃のことだけではなく様々なことがあるのですが、その中でも家賃設定などが関係あります。入居者条件も同時に決めることが多いようです。このような規程を事前に定めておく事が義務付けられています。つまり、企業や組織団体の福利厚生というのは、費用が税法上も一定額までは無税となっているため、会社が負担することで費用として計上できるからです。

社宅のメリット①課税されない

さて、社宅の家賃は一般的に普通に自分で賃貸をするよりも安いことが多いようですが、やはり社宅がありそこに住む事のメリットは、住宅費や賃貸料が安くて済むという事が一番に考えられます。

「住宅手当」との違い

社宅と良く似た制度で「住宅手当」というものがある会社もありますが、住宅手当と比べますと、住宅手当の場合は、それが給与の一部とみなされてしまいます。すなわち所得税の課税対象になってしまうのです。課税されてしまうと実際に受け取る金額はかなり少なくなります。社会保険料などの負担もかかってくることもあるでしょう。しかし、社宅ですと、賃貸料が安いからといってそれらへの課税はなく、社会保険料なども変わらないのです。このように経済的にかなりのメリットがあるといえるでしょう。

社宅のメリット②職場の近くに住める

社宅の家賃は一般的な家賃と比べますとかなりお得なことがわかりました。また、課税や社会保険料などの負担も少なくて済むようですね。次は、さらに社宅に住む事のメリットをみていきましょう。社宅は会社に大変近いことが多いです。通勤などの際に時間がかからないことが多いのでこちらもメリットと言えそうです。

賃貸で基本的にかかる費用を会社が負担してくれる

賃貸だとしても会社が間に入っていることが多いので一般的な賃貸を借りるときに契約する際に必要な保証人や敷金・礼金がいらないのも嬉しいところです。また退職などで退去する際にも修繕金なども会社が出してくれることがあるようです。このように見ていきますとかなり面倒くささがなく金銭面でもメリットがあるようです。上手に社宅を利用したいものですね。

経済的なメリットの多い社宅

いかがでしたでしょうか。社宅の平均家賃やそこに住む事のメリットについてみていきました。近くに社宅がたくさんあるような場合は人間関係などのしがらみがあるようなこともあるようですが、経済的なメリットなどが多々あるようです。是非社宅に住むか検討する際の参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム