2016年11月29日(火) 更新

就活で動きやすい服装を指定された場合の適切な格好

就活でスーツ不可ってどういうこと?

社会人=スーツという考え方を持っている人にとっては、就活でスーツの着用が不可になるという状況は、想像のつかないものであるかもしれません。なぜ就活なのにスーツがダメなのか理解できない以上、その代用策をといわれても困ってしまいますね。
就活でスーツが不可になるのは、大体において、TPOに合わせ都合のいいようにせよという意味だと思われます。就活では説明会や見学会をかねて職場を回るときに、動きやすい服装であるのを求められるケースが多いです。。

就活で服装の指示がないときはスーツでOK

就活の時の服装は、スーツスタイルが一般的であるのは確かです。
ですので、特に指示がない場合、スーツで臨む用意をしておけば問題ありません。服装についての項目がなく心配だという場合には、事前に確認して保証を得ておくと、当日余計な心労を感じずに済むかもしれません。

動きやすい服装のその定義ってなに!?

就活中に、動きやすい服装といわれて、頭に浮かぶスタイルは人によって違うかもしれませんが、あまりカジュアル過ぎてもよくありません。
例えばジャージ、それからGパン。それらは確かに動きやすい服装ですが、職場の雰囲気によってはあまりにもそぐわないものになります。また、露出度が高い、派手である、これも問題外です。就活では、悪目立ちを避けるため、無難な動きやすい服装を目指していきましょう。

就活ではその時の雰囲気に合った動きやすい服装をチョイス!

就活で研修などで職場を一度でも見たことがあるという人なら、動きやすい服装の目星もつけやすいでしょう。要は動きやすい服装かつ職場での活動に適した服を選べばいいのわけです。
ちなみに一般的なところでいえば、地味な色のシャツに綿のパンツやチノパン、野外の作業ならそれにジャケットやスタンダードなコートを合わせたものという感じがベターです。

動きやすい服装は、服以外のところも気を付けよう

就活で指定される、動きやすい服装というのは、服だけではなく全体的な格好を指しています。
多少の力仕事や運動程度には対応できるように、頭から足もとまで不備がないか確認していくと、いざ何かを求められた時にも焦らず動ける動きやすい服装になります。

女性は特に動きやすい服装では気を付ける点が多いので注意!

靴や手元を確認すればそれでOKな男性とは異なり、女性の動きやすい服装には少々注意する点が多いです。
髪型は活動に支障がないように結んでおく、アクセサリーは通常時よりさらに控えたものにする、ヒールの高さなどにも気を付けておく必要がありますね。

就活でスーツでなく動きやすい服装を指定されたら、服以外の部分にも気を付けよう!

いかがでしたでしょうか。
就活でスーツでなく、動きやすい服装を指定された際の定義についてご紹介しました。
動きやすい服装といわれて悩むと思いますが、企業や会社はそういった服装でのビジネスマナーは臨機応変に対処きるのか、また職種や業界によってはセンスを見られています。
新しい世界に飛び込むわけですから、その世界のルールを知るまでは迷う事もたびたびあるでしょう。ですが、そういったビジネス上にあるルールにも就活では、柔軟に対応できるようになっておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム