2016年11月29日(火) 更新

入社の挨拶に菓子折りを持っていく際の注意点

注意点①:入社挨拶の菓子折りは課長に渡す

入社の挨拶として菓子折りを持っていく新人もいますが、その際に悩むのが「菓子折りは誰に渡せばいいのか」ですね。
菓子折りは職場の課長に渡すのが正解です。今後の付き合いが多くなるなら、部長にも菓子折りを渡して挨拶しましょう。部長用の菓子折りを用意しておいて損はありません。

職場の人に渡す菓子折りも用意する

転職した場合でも、入社の際は職場の人に渡す菓子折りを持っていくのもいいでしょう。入社日が同じ同期は菓子折りを持ってきているのに、自分は持ってきていないとなると、気まずい思いをするでしょう。
研修で指導を担当する先輩や上司にも、挨拶として渡しておきたいですね。

注意点②:同じ入社日の新人がいるなら連名で渡した方が◎

何人か同時入社したなら、同期と事前に打ち合わせておき、最初の挨拶として同期一同で菓子折りを渡します。同期一同で菓子折りを渡せば、値段差といった問題もなくなります。この点には特に注意しましょう。
職場の人も、貰いすぎて始末に負えなくなるよりも、まとめて貰ったほうが気が楽でしょう。

同期の中で誰に渡すか担当を決めておくのもアリ

同期全員で菓子折りを送る際には入社前に、部長にはAさん、課長にはBさんといったように分担を決めておくのも良いでしょう。そうすれば渡しやすいですし、挨拶での不公平感もなくなります。
菓子折りも何個も貰うと飽きるでしょう。このように同期の中で調整をすれば、入社当日から常識をわきまえていると思ってもらえます。

注意点③:菓子折りの選び方

入社日に個人で菓子折りを贈るなら、菓子折りの選び方に注意しましょう。お菓子ならなんでも良いというわけではありません。
菓子折りではなく、実用的なアイテムを挨拶として贈ろうと考える人もいますが、それは避けてください。菓子折りをオススメする理由は、分配しやすく誰でも気軽に手に取れるからです。

高級な菓子折りはNG!個包装で一口程度で食べられるお菓子がオススメ

入社の挨拶として菓子折りを渡す際は、張り切りすぎて高級な菓子折りを選ぶのはやめましょう。変な注目を浴びてしまいますし、嫌味な印象が残ってしまう可能性もあります。
それほど高くなく、個包装で一口程度で食べられるお菓子がオススメです。

また、挨拶として菓子折りを渡すなら、できるかぎり直接対面して渡した方が良いでしょう。たまたま休んでいたり、出張で不在の人には出社してから渡して一言挨拶する方が丁寧でオススメです。

入社の挨拶で菓子折りを渡す際の注意点をおさえて職場の人に好印象を与える

入社の挨拶に菓子折りを持っていく際の注意点について注意しました。入社時に菓子折りを持って挨拶するケースはよくあります。菓子折りを持って挨拶をする際は、渡す相手、同期と連名にするか、お菓子の選び方などに注意しましょう。
場合によっては、菓子折りが原因でトラブルに発展する可能性もあります。スムーズかつ好印象を与えるように菓子折りは渡しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム