2016年11月29日(火) 更新

配属面談で聞かれることと希望を叶えるための攻め方

会社が配属面談を実施する目的とは?

配属面談は、就職活動を終えた新卒の新入社員にも、あるいは年度始めの社員にも必ず訪れるものです。
新卒入社する新入社員は、入社試験の成績などが加味されたりしますい、社員はそれまでの実績を加味されたりする事はあります。しかし、多くの場合、配属面談によってその希望を聞き、面談によって決まるというのが一般的です。

社員の希望と適性を見極めるのが目的

配属面談では、改めて自分の意思を発する場所であり自己アピールをする最大の場所になります。
配属面談での面接官や上司も、一人一人の社員の希望を聞く貴重な機会として重要視しているのは間違いありません。そして、実績や適性と照らし合わせて、実際の配属先が決定されます。
そこで、自分の意思を明確に伝える事ができれば自分の希望の部署に配属され、やりたい仕事ができるはずです。自分の意見をしっかり持って、攻める事が大切です。

質問は何がある?よく聞かれることを確認しておこう

配属面談の形式は時期は会社によって異なりますが、一般的に"よく聞かれること"とされている質問事項があります。聞かれることを事前にリサーチしておいて、的確な回答を心がけましょう。

配属先面談で聞かれること①:スタンダード

【配属面談で聞かれること一覧~難易度:低~】
●なぜこの部署を希望するのか?
●何ができるのか?
●他の配属先だとダメなのか?

これらの質問は、配属面談で必ずといっていいほど聞かれることです。社員の希望を知るためには、当然の内容ですね。

配属先面談で聞かれること②:少し細かい

【配属面談で聞かれること一覧~難易度:中~】
●将来どんな仕事がしたいの?
●理想とするビジネスパーソンは?

これらの質問は、社員の意識の高さやモチベーション、自分のキャリアとの向き合い方を知るために聞かれることです。新卒社員の場合は、特に曖昧になりがちなので、注意が必要です。

配属先面談で聞かれること③:ネガティブ

【配属面談で聞かれること一覧~難易度:高~】
●ここが配属先になるとすごいプレッシャーだけど大丈夫?
●みんなしんどいって言っているけど平気?
●クレームに対するストレス耐性はある?

配属面談では、ネガティブな質問も聞かれることがあります。といっても、それは脅しのためではなく、社員の熱意や具体性、ストレス耐性や適性を見極めるために聞かれることです。

配属面談で希望を伝えるために必要な事とは?

配属面談での攻め方について、自分の意見が言えないのは、たとえ希望の配属先があったとしてもそこに、配属されるはずがありません。
まず、大切にすべきなのは、自分の興味関心が何なのかをはっきりさせて伝える。
自分の性格を伝え、得意や苦手なモノを自分の長所や短所も改めて客観的に伝えるのが重要な攻め方のひとつになってきます。

自分の想いや能力を伝えられるかどうかがポイント

そのうえで、人気の配属先であればどんなしんどさに耐えられるか、自分はどういったことに貢献できるかなども、明確にして伝える必要があります。
攻め方次第、というわけではありませんが自分の思っていることや自分が持つ能力を伝えられるか伝えられないかは、結果に大きく影響し、配属面談の成功にも関わります。

希望の配属先へ行きやすくなる攻め方とは?

自分が希望する配属先だからこそ、自分の意思が全面に出てしまいがち。ですが、会社にどれだけのメリットを与えられるか自分が、その部署にいる事でどのような貢献ができ、会社に影響を与える事ができるかについて、客観的な視点で自己分析し伝えることができればそれは大きなポイントになります。

相手を納得させるプレゼンだと考えて臨むのがコツ

自分が潜在的に持つ能力とあっている部署だということを示すのと、自分ができない事や自分が苦手も克服でき、それにチャレンジしていきたいというのを伝えるのが、大切です。
それが明確に伝えられれば配属面談では良い攻め方で話を進められるでしょう。自分の意思を全面に出すのも重要ですが、自分の能力を客観的に判断できるようになることも大切です。

配属面談では聞かれることを事前にリサーチし、希望の配属先に行けるような攻め方を!

配属面談で聞かれることと希望を叶えるための攻め方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?新卒社員は、内定をもらった時点で気が抜けてしまうかもしれませんが、入社後も気は抜けません。
配属面談での良い攻め方について、自分の意思をはっきりと説明した上で、自分が持つ能力や現在自分がチャレンジしたいことなどとマッチする配属先かどうか、また自分がそこに配属されたことで会社へどういった貢献ができるかについて話す事が大切です。
自分のアピールの出来次第その後の仕事にも、影響してきますので、ここでは自分の希望が叶うように、ここでのポイントをキチンとおさえて、自己アピールしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム