2016年11月25日(金) 更新

役職をまたぐ降格願いを出すと決めたら覚悟しておくべき事

降格願いを提出した際の減給は覚悟しておく

降格する際には、必ず減給が伴います。役職や仕事内容に合わせて給与の金額が決定するので、降格願いを出す際には避けられないと覚悟しておきましょう。降格によって与えられた地位が、これまでと全く違う為に大きく生活水準を落とす可能性があるというのにも覚悟が必要です。

減額の限度額は適応されない

減給処分に関しては、1日の平均賃金の半額かつ月給の1割に相当する金額が減給の限度額とされています。この金額を越えた内容の降格は不当とされますが、役職の変更による役職手当の金額の変動は、減給処分という扱いではないので限度額の適応外です。そのために、役職手当の金額によっては月給30万円から23万円に落ち込むような、大幅な減給もあり得るので覚悟しておきましょう。

役職をまたぐ降格願いは引き止められる覚悟しておく

役職のある部下が降格願いを出すと、その上司の管理能力を疑われます。自分の評価が下げないために、あらゆる手段を講じて引き止められる覚悟を持ておきましょう。引き止められると覚悟しておいて、役職を離れるため降格願いを出すと決断してから臨みましょう。

内容によっては降格願いを取り下げられるかも

降格願いを出した際に引き止められる覚悟をしておいても、その内容によっては覚悟が崩れる可能性があります。引き止めると言っても、状況の改善などケアをしてくれる事なので、結果的にケアによって状況が改善されて、降格願いを出す必要が無くなる場合もあります。引き止められた際には、覚悟を持っておくのは重要ですが、話を聞いてお互いに納得するのが大切です。

役職をまたぐ降格願いは不服申し立てできないと覚悟せよ

役職から離れるために降格願いを出すと降格させられますが、その内容に対して不服申し立てはできないので覚悟しておかなければいけません。会社によっては、降格願いを受け付けない場合もあるので、その程度の譲歩は降格願いを出す人物としては当然です。

降格願いに希望欄が設けられている場合

降格願いの内容に希望する役職を記載する欄が設けられている場合は、希望する役職を記載すると、場合によっては希望通りに役職につける場合があります。しかし、あくまでも会社の都合に合わせての降格なので、必ずしも希望が通るとはかぎりません。希望が通ると勘違いして、その様に人生設計をしてしまうと、計画が破綻してしまい体制を整えるのに時間がかかってしまうので、やはり降格願いを提出するときは相応の覚悟を持ちましょう。

役職をまたぐ降格願いを提出するなら大きな覚悟を持たなければならない

役職をまたぐ降格は、平社員の等級が下がるだけの降格とは違うと覚えておきましょう。少なからず会社に損失を与えてしまうので、降格後の仕事や態度が重要になります。再び昇格して上の役職を目指す意思があるのであれば、降格願いを出す理由の中身を充実させて、評価を下げないのが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム